著者:石田 麻琴

ECMJニュースブログまとめ「ヨヤクスリの現在」「レビューを書いている人」「まずは月商50万円」他【no.1077】

  さて、土曜日なのでブログのまとめです。

 今回はECMJブログの「ニュース」のカテゴリをまとめていきます。「ニュース」はブログを書いた当時の時事ネタを集めているカテゴリです。過去どのようなことが起こっていたか、現在どうなっているかの答え合わせをしていきましょう。

・「食い逃げされるなら、バイトを雇え」と言いたい。 【no.0099】

 自動改札を突破する人を見て思った話。鉄道会社としては、黙認せざるをえないのだろうか。この傾向は現在も変わっていないと思うのだが・・。ブログに書いているように、効率化はときに「二方よし」を招く。管理コストをかけるよりも、黙認の方が効率的なのかもしれない。ただ、ちゃんとお金を払って乗車している人にとってはたまったもんじゃないですよね。

・近くに調剤薬局があったら、私は入っちゃいそう。 【no.0139】

 当時話題になった処方せん薬の受取予約サービス「ヨヤクスリ」。楽天グループのケンコーコムが立ち上げたサービスなのですが、まだサイト、ありました。というか、初期のサイトからはかなり変わっていました。ケンコーコムが楽天の関連会社になったことにより、楽天IDで会員登録できる仕組みに。twitterを使ってのおくすり相談もやっているようですね。

・Yahoo!ショッピングの「ストアクリエイター」を触ってみた。 【no.0143】

 2013年秋の「eコマース革命」以降、Yahoo!ショッピングのシステム改造がおこなわれ、2014年1月下旬から「ストアクリエイター」という新しいネットショップ構築機能が使えるようになりました。これは当時、「BASE」や「ストアーズ.jp」などで流行っていた、いわゆる「インスタントショッピングカート」。その後「ストアーズ.jp」はスタートトゥディのグループになりました。

・マネジメントできる売上は人によって決まっている説。 【no.0158】

 これは弊社取締役で、元ダイヤモンド社社長の岩佐さんがおしゃっていた話。マネジメントできる売上金額というのは筋肉のようなもので、人によって決まっている。例えば、サラリーマン時代に10億円ほどの売上を経験した私は、独立してから100億円、1,000億円なんて金額は扱えない。そんな話。事業規模の発想が仕事によって固定化されてしまうのかもしれませんね。

・商工会議所での講演は、自分のペースで話すこと。 【no.0173】

 2014年前半の頃は商工会議所での講演をいくつかおこなっていました。商工会議所の講演は、いろんな方が参加されます。特に、インターネット、ネットショップというジャンルですから、すでに取り組んでいる方、これからの方、知識が全くない方、本当に様々です。こうなると、参加者の方にレベルを合わせるのが難しくなるので、あくまで自分のペースで、しっかりと伝えるしかないんですね。

・レビューは本当に参考になる?のか。【no.0204】

 ネットショップを選んだり、商品を選んだりするときの重要なポイントとしてレビューがあると思います。これは人気(ひとけ)が見えないインターネットならではの情報なのだと思います。ただ、果たしてレビューは本当に参考になるのか。レビューそのものよりも、レビューを書いている人がどんな人なのかが重要なのではないかと思うのです。

・ネットショップでまず月商50万円を目指す2つの理由。【no.0231】

 もう2年以上前のことになりますが、一冊の本を出しました。「Yahoo!ショッピング。今日からできる月商50万のネットショップの作り方」。なぜこの本が月商100万円や月商1,000万円ではなく、月商50万円をタイトルにしているのかという話です。当たり前ですが、月商100万円も1,000万円も、月商50万円を通過する先に到達することになります。

 ブログのまとめ、つづく。