著者:石田 麻琴

ECMJニュースブログまとめ「大切なのは一歩目の行動」「引越し屋営業マンのお辞儀」「1年半前の大塚家具」他【no.1098】

  さて、土曜日なのでブログのまとめです。

 今回はECMJブログの「ニュース」のカテゴリをまとめていきます。「ニュース」はブログを書いた当時の時事ネタを集めているカテゴリです。過去どのようなことが起こっていたか、現在どうなっているかの答え合わせをしていきましょう。

・「今年こそ、ネットを本気でやる!」と毎年言っている経営者さんへ【no.0487】

 2015年の1月のブログですが、2015年に「今年こそ、ネットを本気でやる!」、2016年にも「今年こそ、ネットを本気でやる!」と宣言した経営者の方、いらっしゃるのではないでしょうか。心の中で思った、も一緒です。大切なのは意気込むことではなく、一歩を踏み出すこと。一歩を踏み出すためには、まず時間をつくりましょう。

・引越し業者ってめちゃくちゃスゲー、営業の裏をみた話。その一【no.0498】

 WEBの業界、ITシステムの業界以外の、普段自分が接していない業界の人にお会いすると非常に勉強になります。今回は引越し屋さんの営業さんの話です。営業さんとお話ししたのはたった1時間ほどでしたが、(業界的には普通なんだろうけれども)驚きがいっぱいでした。特に驚いたのは、玄関のドアに向かってのお辞儀でしたね。

・ケーブルテレビの営業担当がとても残念だった件。~アポイント電話編~【no.0512】

 引越し屋さんの営業さんには驚きと感動があったのですが、ケーブルテレビの営業さんについては別の意味で感情が揺さぶられました。怒り。言っていることとやっていることが違う。契約内容を電話一本で変更してくる。すぐにネットで他の方のレビューを調べちゃいましたし、自分も書く立場になれちゃうわけですから、まあ、認識が甘いとしかいいようがないですよね。

・BNIのリファーラル(=顧客紹介)、果たして一番得をするのは‥?前編【no.0515】

 知人の方の紹介でBNIの集まりに参加してみました。その話。BNIの報告会の中で、リファーラルの発表の時間があるですね。「私は今回●●さんのビジネスを紹介しました」的な。当然、リファーラルされる側の方がビジネス的には潤うわけですが、この日、特にたくさんのリファーラルを受けていたのは「料亭の店主」だったんですね。

・大塚家具の親子バトル。ここはあえて、お父さんを弁護してみる【no.0528】

 当時、この件については娘さんを擁護している方が多かったように感じます。なので、お父さんの弁護に回ってみたのですが、私自身、実際お父さんの方が成功に近いのでは、と思っていました。そしてあれから1年半が経ち・・娘さんの大塚家具は40億円の赤字、お父さんは「匠大塚」を立ち上げ。ビジネスはまだまだ続くので、これからの変化に注目したいところですね。

・インターネット広告の費用対効果が悪い、は果たして本当なのか?【no.0543】

 広告の費用対効果を語ると同時に、絶え間ない商品力の経過が必要になるわけですね。もしかしたら、インターネット広告が悪いのではなくて、自社の商品やサービスがいまいちなだけだったり、商品やサービスに合わない広告を選択してしまっているだけなのかもしれません。広告の費用対効果が落ちているように見えるのは、「商品力がなくても売れていた」時代とのズレなのでしょうね。

・「掃除をすると売上が上がる」は本当なのか?嘘のような誠の話【no.0558】

 掃除を徹底することで売上実績を上げている会社、実際にあります。何も珍しい話ではなく、けっこうスタンダードに掃除を評価の対象にしている会社はあるようです。私もいくつか知っています。大切なのは「掃除をする」ことではなく「徹底的にやりきる」こと。掃除でもいいですし、整頓でもいいですし、お辞儀でもいいんです。挨拶という会社も実際に知っています。

 ブログのまとめ、つづく。