株式会社ECマーケティング人財育成は、Eコマース事業の売上アップとチームの人財育成を両立させる、コンサルティング&コーチングの会社です。

あれから、3年。事業を縮小して生き残っている。 【no.0178】

(前回のブログを読まれていない方は、まずこちらからお読みください)

【前回までのあらすじ】
 アイドル芸能事務所「マイドル」を立ち上げた石田さんは、「メガネ歴女」の人気投票オーディションサイト「マイドル」を立ち上げた。第2のサイトとして「メガネ納言」の立ち上げを決意。サイトを管理者のF次郎くんとのミーティングで、「やりきってもらう」までが仕事だと決意する。F次郎くんと石田さんが始めた毎朝のミーティング続かず、同じ失敗を何度も繰り替えし、時間が過ぎていった。次第にアイドル市場の環境は変化し、マイドルは存続の危機に。「メガネ納言」のサイトを閉鎖し、「メガネ歴女」に一本にリソースを投入することになった・・

 あれから、3年。アイドル芸能事務所「マイドル」のサイト「メガネ歴女」は生き残っている。事業を縮小してなんとか生き残っている。アイドル市場の需要と供給のバランスが変化し、現在では完全に供給過多に傾いてしまっている。そのため、ユーザーのニーズも細分化され、1つのサイトにたくさんのユーザーを集めることが難しくなった。その分、残るのはコアなファンが多いが、全体としてのユーザーのパイの関係上、入ってくる売上も、あのころの半分になった。アイドル市場の中では、何とか生き延びている方だが・・

 F次郎くんは、「マイドル」が事業を縮小していく中で、会社を辞めてしまった。F次郎くんには、この会社に残り続けたときのキャリアが描けなかったのだろう。やはり、自分の頭で考え、自ら実践し、自ら検証できる「メガネ納言」のサイトという環境を奪ってしまったことが、直接的な引き金になってしまった。あれ以来、F次郎くんは空気のようになってしまった。石田さんに言われたことをやるだけ。仕事のクオリティは十分だったが、結果的には石田さんがF次郎くんの能力を引き出せなかったわけだ。いま、「マイドル」に残っているのは、事務のお姉さん1人である。「メガネ歴女」のサイトは石田さんがひとりで運営している。

 石田さんは、歩いていた。どこで、「マイドル」はおかしくなってしまったのかを考えながら、歩いていた。歩き続けていると、海に着いた。どこだ。湘南だ。こんなところまで歩いてきてしまったのか。財布も持ってないし、今日中には帰れないな。石田さんが悔やむのは、「メガネ歴女」のサイトの人気があった頃に、F次郎くんを育てきれなかったことだ。B美さんというスターがいて、D菜さんというスター候補がいて、あとは「やる」だけだった。でも、F次郎くんには「やりきらせる」ことができなかった。そのうち、市場が変化してしまい、その波に、のまれた。

 「メガネ歴女」のサイトがうまくいっている頃には、そんなことは考えていなかった。自分が仕事でやっていることを、そのまま伝えれば人は成長すると思っていたし、「メガネ歴女」「メガネ納言」というように、人を育てて次々と事業の柱を立てていけば、会社は成長していくと思っていた。はっきりいって、ストーリーはできていた。じゃあ、本当の問題は何だったのか。それはストーリーの問題じゃない。問題は、自分だ。自分自身にある。自分が人を動かせなかったことが、いま自分がここにいる原因だ。石田さんは、やっと気づいたのでした。

 もう遅いのか。もう自分は終わってしまったのか。いや、まだ「メガネ歴女」のサイトが残っている。そして、こんなときも、事務のお姉さんが、会社で仕事をしてくれている。まずは、会社に戻って、事務のお姉さんに、自分の考えをひとつひとつ着実に伝えることから始めよう。「メガネ納言」のサイトは復活できないかもしれないけれど。そのひとつひとつが、会社の成長になる。石田さんは会社の方に向かって歩き出しました。

 ざざーん。夕日を映した波しぶきが、石田さんの足を濡らしました。でも石田さんの足は、しっかり地面を掴んでいました

 おわり。

注:このシリーズの石田さんは石田麻琴さんとは別人です。まったくもって実体験でもありませんので、石田麻琴さんのイメージと重ねあわさないようお願いします。

◎定例セミナーを開催しています。こちらから◎