株式会社ECマーケティング人財育成は、Eコマース事業の売上アップとチームの人財育成を両立させる、コンサルティング&コーチングの会社です。

人は、知っていても、できない。 【no.0169】

(前回のブログを読まれていない方は、まずこちらからお読みください)

【前回までのあらすじ】
 アイドル芸能事務所「マイドル」を立ち上げた石田さんは、「メガネ歴女」の人気投票オーディションサイト「マイドル」を立ち上げた。「マイドル」が生んだスター・B美さんに続く、スター候補生D菜さんの登場により、第2のサイトとして「メガネ納言」の立ち上げを決意。サイトを管理する人として採用したF次郎くんと石田さんは、緊急ミーティングを行うことになった。すすり泣くF次郎くんへの石田さんの質問は・・

 「F次郎、この3月3日のサイト訪問者数10,000人って何だ?」

 石田さんは、F次郎くんが提出した数枚のエクセルを確認した後、1ヵ月以上前のデータに目をつけたのでした。3月3日の「メガネ納言」サイトの訪問者数が10,000人。いつもの訪問者数は5,000人程度ですから、3月3日は倍の訪問者数があったことになります。石田さんは、続けて、F次郎くんに質問をしました。

 「あと、この2月14日のサイト訪問者数8,000人って何だ?3月14日もサイト訪問者数が9,000人になっているけど、これって何でだっけ?」

 F次郎くんはオフィスの天井を見上げていました。2月14日、3月3日、3月14日にそれぞれ何があったのかを思い出そうとしていました。3分、4分、5分、時間だけが過ぎていきます。もう1ヵ月以上前のことです。F次郎くんの頭の中に残っているハズがありません。F次郎くんは正直に答えました。

 「わからないです。覚えていないです。2月14日はバレンタインデーですし、3月3日はひな祭りです。3月14日はホワイトデーなので、それぞれサイトでなんかしらのイベントはやったと思うんですが、どんな工夫をしたかははっきり覚えていません」

 そこだ。石田さんは直感しました。

 F次郎くんは、たしかに石田さんが「メガネ歴女」のサイトで実践していたことを忠実に守って業務を行っていました。日々、石田さんに言われたとおりに数字をエクセルに入力していました。そこまでは、スタッフとして十分な働きだったのです。しかし、逆にいえば、言われたことをやり、ただ漫然と、数字を入力していたのです。サイトへの実践もエクセルへの入力も作業として、分断されていて、その二つが連動していなかったのでした

 これは、私のミスだ。そうです。これは石田さんのミスです。

 実践することを伝え、数字を取得することも伝えた。それだけで、F次郎くんが自ら成果を上げていってくれると勘違いしていたのです。石田さんとしては、「原因」と「結果」の話をF次郎くんに理解させたつもりでした。「物事には必ず『原因』と『結果』がある。『メガネ歴女』のサイトであれば、B美さんのブログを追加したり、候補生の写真を増やしたり、紹介文を修正したりするのが『原因』だ。その実践に対しての数字が『結果』だ」と。「原因」と「結果」を毎日みて、何をすればどんな数字が出るのかを日々チェックしてこう、そこから成功への糸口を探っていこう。そう伝えたつもりでした。

 人は、知っていても、できない。できるとわかっていても、やらない。やったとしても、やり続けるのは難しい。F次郎くんは、石田さんの話を聞いて、「原因」と「結果」の構図について知りました。できる気分で、毎日実践して、数字を取り続けたわけですが、できてはいなかったのです。「F次郎、この3月3日のサイト訪問者数10,000人って何だ?」このひとつの質問のF次郎くんの反応によって、石田さんはそれを悟りました。これは、「原因」と「結果」を繋げられてないぞ、と。

 石田さんは自分を恥じました。伝えたつもり、理解させたつもりになっていた自分を恥じました。確かに、伝えること、理解させることはできたのかもしれません。でも、F次郎くんはできていなかったわけです。「やりきってもらう」までが、自分の仕事であったと、心の底から恥じました

 つづきはこちら

◎定例セミナーを開催しています。こちらから◎


One Comment

  1. Pingback: ネットショップの戦略をアイドル芸能事務所で活かす。【no.0307】 | ECマーケティング人財育成 | ネットショップ事業と人材を共に育てる。

Comments are closed.