著者:石田 麻琴

「これをしちゃいけない」はあるが、「これをすればいい」はない。【no.0331】

 「これをしちゃいけない」はあるが、「これをすればいい」はない。(2014年のコラムです)

 オンラインショップ運営者のときの話。(前回はこちら

「これをしちゃいけない」はあるけれど「これをすればいい」はない

 広告の掲載回数は、一見、ショップ側では全くコントロールができません。しかし表示率を気にすることで、少しでも回数を増やせる可能性があります。Yahoo!ショッピングの担当さんとの政治的な関係も重要でした。広告の掲載回数はいわば「外的な要因」です。ちょっとした「気づき」を感じ、「工夫」を施すことで「パフォーマンスを上げられるかもしれない」状態に近づけていけるのです。

 そして掲載回数を増やすのではなく、広告のクリック率を上げる工夫もしていました。広告を入稿するたびに、「画像とテキスト」「掲載回数、クリック数、クリック率、CPC」を毎回欠かさずエクセルにつけていました。クリック率を高めるためには、「画像」と「テキスト」の工夫が必要です。「60px×60px」というサイズ、「24byte以内」という文章で、いかに効果を上げていくかです。

 EC運営のご相談を受けるとき、「どんな画像にすればいいですか?」と質問を受けることがあります。そこに正解はありません。「わかりづらい」「ぼやけている」など、「これをしちゃいけない」はありますが、「これをすればいい」はないんです。トライ&エラーを繰り返して、最適な画像・テキストを探していかなくてはいけません。

トライ&エラーを繰り返して最適化する

 毎週、広告に出稿していたとき、毎回新しいアイデアを取り入れていました。「この画像、めちゃくちゃクリックされるんじゃないか!?」。そんな自信があっても、改善前の画像に比べてクリック率が悪かったりします。そんなもんなんです。「何がいいのか」なんて、やってみなければわかりません。

 そんな感じで、毎回、入稿する画像とテキストを少しずつ変える。1週間後にその結果をオンラインレポートで見る。これを繰り返していました。そして、ある週のこと。CPCで12円という、それまでになかった成果が突然出ることになります。

 それまで、サウスセンターの広告を10回以上続けていました。広告に出稿するバッグの画像も様々変化をもたせていました。物撮りの写真にしたり、モデルさんが持っている写真にしたり。バッグの色違いの写真を載せてどのカラーが最も効果が高いかを調べたり。キラキラの装飾をつけたり、様々な試行錯誤を繰り返してきました。その結果、ついにCPC12円までたどりついたのでした。果たして、その画像はどんな画像だったというと・・

スタンダードになる広告画像を発見した!

 「60px×60px」の正方形を「3列×3行」の9分割にし、同じバッグの色違いのカラーで、9つのマスを埋めたような画像でした。テキストは、「9色から選べるバッグ」みたいな感じだったと思います。この画像の見せ方は、それまでのECの広告としてなかった手法でした。今では一般的な広告画像の見せ方ですが、あれを最初にやったのは、間違いなく私です!

 つづきはこちら

【合わせて読みたい】
CTR(クリック率)とは!広告でもよく使われる意味を解説(マーケトランクさん)

2 コメント

  1. ネット広告の掲載回数は、コントロールできるのか?【no.0327】 | ECマーケティング人財育成 | ネットショップ事業と人材を共に育てる。

    […] 2014-08-19「これをしちゃいけない」はあるが、「これをすればいい」はない。【no.0…  ネットショップ運営者のときの話。(前回はこちら)  広告の掲載回数は、一見、ショップ側では全くコン […] Read More […]

  2. マーケティングの「魔法の杖」は、地中に埋もれている。【no.0335】 | ECマーケティング人財育成 | ネットショップ事業と人材を共に育てる。

    […]  ネットショップ運営者のときの話。(前回はこちら) […]

Comments are closed.