著者:石田 麻琴

ECMJ人財ブログまとめ「自分ルールを作ろう」「王者の精神論」「PDCAの時代がきた」他【no.0888】

さて、土曜日なのでブログのまとめです。

今回も前回に引き続き、ECMJブログの人財育成カテゴリよりピックアップしたブログを数点ご紹介します。お時間があるときにぜひまとめ読みされてみてください。

・ブログはなぜ1,500文字なのか!?大切なのは「自分ルール」を徹底すること【no.0817】

このECMJブログも、たまに紹介する吉祥寺の家具屋さん(ソリウッド)のブログも1ブログあたり1,500文字を書くことにしています。なぜ1,500文字なのか。Googleの検索対策のような理屈的な部分もあるのですが、本質は違う部分にあります。「1,500文字は書く」という自分ルールを設定しないと、日に日に文字数が減っていくからです。

・ボクシングの世界チャンピオンが言っていた、試合中に考える「たったふたつ」のこと【no.0821】

昔、ボクシングの元世界チャンピオンの方がインタビューで話していたことを書きました。インターネットのこと、ネットショップのこと、テクニック論ではなく、どちらかというと人生における精神論に近いのですが、他のメディアでも紹介された評判のよかったブログです。はたして、試合中に考える「たったふたつ」とは何なのでしょうか?

ネットショップの成功事例は「即失敗事例」!?事例があまり参考にならない理由【no.0829】

どうしても事例が気になるのは仕方がないことですが、個人的にはあまり事例が好きではありません。具体性にとらわれすぎて、本質が隠されてしまうのではないかと思うからです。世の中には様々な事例が転がっていますが、そのほとんどは「たまたまタイミングが良かった」から。大切なのは事例から原理原則をよんだり、再現性を探したりするところではないでしょうか。特にネットショップの成功事例の場合、そこに商圏はなく一気に情報が広がりますから、「成功事例=即失敗事例」と考えて過言ではありません。同じことをしても、埋もれてしまいます。

・自分と他人を比べると、窮屈になる。自分と自分を比べると、前向きになる【no.0834】

自戒を込めたブログです。どうしても自分と他人を比べる癖が抜けません。自分でも十分わかっていながら、克服のできない悩みです。やっぱり自分と他人を比べると窮屈になります。上には上がいます。だから、いつまでたっても幸せにはなりません。でも自分と自分を比べると、前向きになると思います。というより、自分と比べて前向きになれるように努力を続けるのが良さそうです。これは自分だけの努力で実現できます。

・本当の意味で「PDCAサイクル」を回すことができる時代がやってきた!【no.0835】

インターネット・・というか、デジタル時代の仕事の面白さは、本当の意味でPDCAを回せるようになったことだと思います。これからの教育、マーケティング、戦略、すべてデジタルに合わせた理屈を元に構築しなければいけません。システム投資ができる一部の大手企業だけではなく、老若男女、大企業・中小企業・個人を問わずPDCAができる時代に入りました。

・「仕事の怖さ」を吹っ飛ばす仕事の進め方。3つのポイント【no.0844】

仕事に不安を感じるのは、完成図のイメージができていないからです。だから、怖くて前に進めず足が止まってしまいます。では、どうやって一歩を踏み出せばいいか。仕事を因数分解して、ひとつひとつを順番に達成していけばいいのです。いきなり100を作ろうとするのではなく、「2×2×5×5」に因数分解し、「2」「2」「5」「5」のタスクを順々におこなっていくことで、100という到達点を目指していきます。

ブログのまとめ、つづく。