著者:石田 麻琴

ショッピングモールの広告との格闘。積み重ねが大事です。【no.0320】

 ショッピングモールの広告との格闘。積み重ねが大事です。(2014年のコラムです)

 オンラインショップ運営者のときの話。(前回はこちら

 社長に怒られて、「成果」と「原因」の関係性に気づいた話。数字をみる、メールをみるという何気ないルーチンから、市場の変化に気づいた話。この2つを紹介してきました。続いては、「やっぱり積み重ねが大事だよね」という話です。

広告予算を持たせてもらえるようになった!

 オンラインショップの店長時代、私が得意としていたのは広告戦略でした。広告戦略の取材を受け、新規出店者向け冊子にインタビューが載ったこともありました。広告をうまく活用しているオンラインショップ、というような紹介でした。

 「この広告が売れるよ」「この広告のCPAはこんな感じだよ」という話ではありません。すでに、広告の仕様は変わっています。当時とはインプレッション数・ユニークユーザ数ともに異なります。オンラインショップの運営を進めていく上のセオリーとして参考にしてください。

 Yahoo!JAPANの導線の威力に気づいたあたりから、広告予算を持たせてもらえることになりました。売上が伸びたので、社長から「売上の●%なら自分で判断して決済していいよ」と言ってもらえました。もちろん自分で予算を決められることも嬉しかった。さらに嬉しかったのは、オンラインショップの運営も信用してもらえたことでした。

広告だけは一切妥協せず最大限の注意を払え

 予算を持たせてもらったとはいえ、Yahoo!ショッピングのどの広告を買った方がいいのか、全くわかりません。自分で選択して広告が成功すれば、それはそれでカッコイイことでし。もちろん気持ち的にはそうしたかったのですが、「広告だけは一切妥協せず最大限の注意を払え」と教わっていました。社長や他の店長陣、Yahoo!ショッピングの小平さんと相談して最初の広告を購入しました。

(成果検証の会議で他の店長がいつも詰められていて、正直、怖かったんですよねぇ~)

 最初に購入した広告は、トップページのサウスセンターという名前の広告でした。たしか、当時の値段で1週間掲載20万円の枠だったと思います。8枠同時の掲載で、12枠売られていて掲載率が66%とか。そこは記憶が曖昧です。

ショッピングモールの広告に出稿する

 どんな内容で出稿したのかはよく覚えていません。ただ、当時オンラインショップでバッグやお財布などの雑貨を扱いだしていました。ジュエリーよりも売れていたので、バッグやお財布から売れ筋の商品を出稿しました。サウスセンターの入稿内容は、画像とテキスト。画像はたしか「60px×60px」。テキストは「24byte以内(大文字で12文字)」だったと記憶しています。

 初めにサウスセンターにチャレンジ。そのあと2-3回、他の広告枠にチャレンジするのですが、またサウスセンターに戻ってきます。その頃は、ほぼ毎週サウスセンターの広告を1枠ずつ購入していました。その1回1回にどんなトライ&エラーを施していたか、というのが次回の話です。

 つづきはこちら

【合わせて読みたい】
ECサイトの基本的な7つのWEB広告と優先順位の解説(エビスマートさん)

2 コメント

  1. いつもと違うから、「変化」に気づくことができるんです。【no.0317】 | ECマーケティング人財育成 | ネットショップ事業と人材を共に育てる。

    […] 2014-08-08ショッピングモール広告枠との格闘。積み重ねが大事です。【no.0320】  ネットショップ運営者のときの話。(前回はこちら)  社長に怒られて、「成果」と「原因」の関係性に気 […] Read More […]

  2. Yahoo!ショッピングの広告CPCをなんとかして、半分にしたい!【no.0323】 | ECマーケティング人財育成 | ネットショップ事業と人材を共に育てる。

    […]  ネットショップ運営者のときの話。(前回はこちら) […]

Comments are closed.