著者:石田 麻琴

オンラインショップ運営者時代、毎日行っていたこと。【no.0304】

 オンラインショップ運営者時代、毎日行っていたこと。(2014年のコラムです)

(前回はこちら

 それは2007年の4月のことでした。

 Yahoo!ショッピング店を任せてもらってから、半年が経っていました。「販売商品数を増やす」鉱脈を見つけたことで、売上は月商400万円に成長していました。しかし、単純に「販売商品数を増やす」だけでは売上があがりづらくなってきていました。「次はどうしたらいいのかなぁ」と考えながら、毎日のEC運営に取り組んでいました。

突然のオンラインショップのアクセスが倍に

 その日、何か違和感がありました。どんな違和感かというと、「なんだかいつもより少し注文が多い」のです。しかし、もちろんこれまで普段に比べて注文が多い日はありました。お客様の注文するタイミングがたまたま同じ日に重なっただけかもしれません。実際に私も「なんとなく注文が多いなぁ」と思うだけで、その日の業務を終えました。

 翌日のことです。日課にしているデータの確認を行うと、明らかな異常値に気がつきました。前日のオンラインショップのアクセス人数がいつもの倍の数字になっていたのです。注文が多かった理由は、オンラインショップへのアクセスが激増していたからでした。「なんでだろう?」と思いました。なぜアクセスが突然激増したのか、それは全くわかりません。

オンラインショップで毎日やっていた2つのこと

 当時、EC運営で毎日やっていたことがふたつありました。ひとつは前日のデータを調べ、自作のエクセルに書き写すこと。実は、ECMJの「実行数値管理表」は、これをベースにして作られています。といっても、現在のような「施策」と「データ」の関係性を読むためではありません。あまりに注文がなかったので、励みになるようデータを残していたのが始まりです。

 そして、もうひとつ。毎朝会社のパソコンを空けると、大量のメールが落ちてきます。社内の日報や連絡事項、取引先からのメール、楽天市場店の注文メールなど。当然、メールのグループ分けをして、確認をしやすくしていました。出勤直後、メールに目を通すか、もしくは「既読」の処理をするか、メール自体を「削除」します。メールボックスに「未読」メールがないようにしていました。(この1つもない、というのがポイントです)

 全てのメールを「既読」にすると、新しい「未読」のメールの見逃しがなくなります。メールが落ちてきた瞬間に確認できるようになるのでレスポンスも早くなります。そして、このメールチェックを注文メールを確認することに役立てていました。注文メールが落ちてきたら「何の商品が売れたか?いくらの商品か?」を確認します。

つづきはこちら

【合わせて読みたい】
メールのフォルダ分け【仕事タイプ別】受信トレイ整理術(メールディーラーさん)