著者:石田 麻琴

ネットショップ運営者時代、ホントに注文がこなかった‥【no.0283】

(2014年のコラムのリライトです)

 ネットショップ運営担当者のときの話。(前回はこちら

 前回のつづきです。

*Yahoo!ショッピングの販売責任者を担当することに

 2006年の8月、前職の社長と会議室で話し合って、開店休業状態になっていたYahoo!ショッピングのお店の販売責任者を担当させてもらうことになりました。元々は、楽天市場に出店しているお店の販売チャネル展開の一環として、社内の1人が立ち上げたYahoo!ショッピング店でしたが、その彼がモバイルの店舗と兼任で担当していたため、途中からショップ自体が放置されている状態になっていたんですね。なので、8月でも「初雪~雪モチーフのジュエリーを集めました~」みたいな企画がサイトのトップページに上がっていたりしていたのです。(それでも、時たま注文が入っていたのが不思議だったのですが・・)

 それで、8月の最終週の土日に会社に行って、Yahoo!ショッピングのサイトの形式を楽天市場のサイトと同じように整えたんですね。商品の数とかは全然カバーできなかったんですが、ひとまず体裁だけは整えておこうということで。そうすれば、ネットショップにアクセスしたお客様が、「あ、この店、更新されてる」と思って、ネットショップの中を回遊して、買ってくれる可能性があるじゃないですか。そう思って、まずは見た目をきれいにしました。思えば、この考えが大きな間違いだったんですが、それはこの3ヶ月後に知ることになります。

*雪だるま式に売上は拡大する、と思っていたが

 そして、9月から本格的にネットショップの運営が始まりました。しかし、もうホント、注文が来ないんですよ。1日に1件の注文がくるか、こないか。今では、「注文こなかったなぁ」って思うんですけれど、当時はそれが普通だと思っていました。日々ネットショップを運営していく中で、自然にお客様が増えていって、リピーターが増えていって、雪だるま式にどんどん売上が拡大していく。だから、いま、1日に1件の注文しかないのは普通、何にも悪くない。そう思っていたんですね。

 たしか、初月である9月の売上が40万円だったと思います。そして次の月、10月が60万円くらい。大体、週の売上が10万円から15万円くらいを右往左往していました。時たま、高額の商品を買ってくれる方が現れたり、大量の注文(ニセ注文みたいなのも多かった)があったりすると、週の売上が20万円とか25万円とかになったりするわけです。その度に、「おー、売れた」とか「やった!やった!」と思いながらネットショップを運営していました。まあ、週10万円から週15万円に売上も伸びていましたしね。

*私の人生を変えた、運命の日が訪れる

 そのころ、毎週火曜日の午前中に、販売責任者の売上報告会議みたいなのをやっていたんです。出席者は、社長とバッグのネットショップ担当の責任者と私の3人。「先週の売上はいくらでした。今週はこういうことやります」みたいなのを話すわけです。当時、売上の大部分は社長とバックのネットショップの責任者が持っていましたから、私なんかはミーティングの最後に「え~、先週の売上は20万円でした。まとめ買いをされたお客様がおり、少し売上が上がっています。今週は、お月見の企画をアップして、週末にメルマガを流そうと思います」みたいなことをちょこっと話すくらいでした。

 まあ、当然、そこになんの悪気もないわけです。自分としては、少しずつでも売上が上がっているという認識でしたし、いつかどこかでアクセスが跳ねて、売上になって返ってくる。それがいつかはわからないし、何が理由なのかもわからないけれど、きっと何かが起こるのだろうと思っていましたから。

 で、忘れもしない11月のある週の売上会議のことです。きっと、この日がなければ、私がいまこうしてブログを書いていることもなかったと思います。私の人生を変えた、運命の日が訪れたのです。

 つづきはこちら

1コメント

Comments are closed.