著者:石田 麻琴

モール広告の掲載回数は、コントロールできるのか?【no.0327】

 モール広告の掲載回数は、コントロールできるのか?(2014年のコラムです)

 オンラインショップ運営者のときの話。(前回はこちら

 広告の効果をアップさせるには、掲載回数を増やすか、クリック率を改善するか。そして、その両方が実現すれば、大きな成果が期待できるわけです。

モール広告の掲載回数を増やすことはそもそもできるか

 まずは、掲載回数を増やすにはどうしたらいいのかを考えました。が、これっていち店長である自分がコントロールできることではないんですよね。自分が広告を選んで、どんな画像とどんなテキストで広告を入稿するか。この部分は自分でコントロールすることができます。しかしその広告が何回掲載されるかはアウト・オブ・コントロールなわけです。掲載回数はモール自体のアクセスが大きく関わるので、出店者側の範疇ではないわけです。ですから、ここについては風まかせというように思っていたのですが・・

 ちょっと待てよと。サウスセンターは、トップページに8枠同時掲載されるけど、販売しているのは16枠。つまり16の広告の中から、ランダムに8つの広告が掲載されることになります。この場合、掲載8枠に対して、販売広告枠が16枠であり、広告の表示率は50%。でももしも、8枠しか広告が売れていなかったら、100%の表示率になるのではないか。そんなことに気づきました。

 こうなると、サウスセンターに表示される広告枠がいくつなのか気になってきます。トップページを開いて、ブラウザの更新ボタンを何度も押します。表示される画像が何種類あるかを手元で計算するのです。すると、「うわっ!12枠しか売れていない」。そう、実はサウスセンターの広告枠は完売していなかったのでした。

表示率がわかれば掲載回数が増える

 これがわかると、できるだけ表示率が良い時に広告を買いたいというのが心情です。そしてこの理論はサウスセンターの広告枠以外にも使えます。いままで「イケてない」と思っていた広告も、表示率次第では成果が出るわけです。では、なんとかして、「広告枠の埋まり状況」を知る方法はないかと考えました。もしもそこまでの情報を掴むことができれば、効率性が良さそうな広告を選び放題です。

 考えたのは、「Yahoo!の担当さんに直接聞く」という方法でした。しかし、「いくつ広告枠売れてますか?」とまともに聞くわけにいきません。ただ何となく聞き方がわかってきました。それは先に私の方から要望を伝えてしまうという方法です。

 「この広告ならこの条件でやります。その広告ならこの条件でやります」と。それを伝えた上で、「条件に合う広告があればご連絡ください」という感じです。購入状況を聞かなくても「条件に見合う広告」を提案してもらえるようになりました。

 そんな感じで、より掲載回数が見込める広告に少しずつ近づいていきました。次回は、クリック率をどうやって改善するか、ですね。

 つづきはこちら

【合わせて読みたい】
広告の表示回数(インプレッション数)を増やすには(Yahoo!さん)

3 コメント

  1. Yahoo!ショッピングの広告CPCをなんとかして、半分にしたい!【no.0323】 | ECマーケティング人財育成 | ネットショップ事業と人材を共に育てる。

    […] 2014-08-15ネット広告の掲載回数は、コントロールできるのか?【no.0327】  ネットショップ運営者のときの話。(前回はこちら)  Yahoo!ショッピングのショッピングモール広 […] Read More […]

  2. 「これをしちゃいけない」はあるが、「これをすればいい」はない。【no.0331】 | ECマーケティング人財育成 | ネットショップ事業と人材を共に育てる。

    […]  ネットショップ運営者のときの話。(前回はこちら) […]

  3. Yahoo!ショッピングの広告CPCをなんとかして、半分にしたい!【no.0323】 | ECマーケティング人財育成 | ネットショップ事業と人材を共に育てる。

    […]  つづきはこちら。 […]

Comments are closed.