著者:石田 麻琴

インターネットにおける共同購入の可能性について考える 【no.0028】

「みんなで買えば安くなる」それが共同購入‥!

 「共同購入」をご存じだろうか。もしくは、覚えているだろうか。

 共同購入とは「みんなで買えば安くなる」という販売システムのこと。一定期間内に、商品を購入するお客さんを募り、販売個数が1個ならば5,000円、2個~5個までなら3,000円、6個~15個までなら2,000円、16個~50個までなら1,000円、というように、販売個数によって商品の価格が決まっていく。当然、販売個数が多いほど、商品の価格は下がっていくわけだ。この販売システムだが、2008年頃まではけっこう流行っていた。

 私が過去に運営していたネットショップも、共同購入が強いお店として有名だった。2005年、入社して、最初に覚えた仕事も共同購入商品の出品登録や、完売時の管理だったように思う。ピアスやネックレス、リングなどのジュエリーの共同購入だった。1つで注文すれば仕入は高い、複数で、しかもできるだけ多い個数で注文すれば仕入は安い。ここは仕入先との取り決めによる部分もあるのだが、共同購入の良いところは、お客策をんにとって「売れている感」がとてもわかりやすいというところだ。

 システム上、共同購入商品を買ったお客さんは商品ページにIDが並ぶのだが、そこに1行ほどのコメントを入力することができる。お客さんがそこに「みんなで買おう!」とか「楽しみです」とか記入をする。購入したお客さんのIDとコメントがページにずらーっと並ぶと、共同購入の場自体が盛り上がり、相乗効果で購入が加速していく。上限の個数を限定して販売すれば、共同購入の終了時間と、上限の販売個数が近づくごとに、お客さんの気持ちも高ぶって、買い物を楽しんでもらえる、というわけだ。

 しかし、この共同購入という仕組みは、廃れた。なぜ廃れたかと考えると、この仕組みを姑息な方法で利用するネットショップが増えたからだ。定価を底値(最も安い金額)に持ってきて、つまり、わざと高い金額からスタートさせて、さも安くなった感をお客さんに味あわせようとするネットショップ。限定30個と言いながら、完売すると限定再追加、さらに完売すると限定再々追加するネットショップ。底値までの入札をサクラで行ったところもあったようだ。ちょっとした販促の手段として使われるようになったため、共同購入は数年で廃れた。そんなことはお客さんにはすぐバレるのだ。

不動産、分譲マンションの共同購入はどうだろうか‥!?

 共同購入というシステムは、もっと有用に活用されるシステムの気がする。その価値が大いに活かせる方法として、こんな使い方はどうだろうか。

不動産、分譲マンションの共同購入である。

 分譲マンションはとにかく埋まっていてナンボだろう。部屋が空いていると、お金が寝てしまうことになる。しかもその価値は時が経つごとに落ちていく。そのため、入居日には全戸を埋めようと、不動産の営業さんが必死で動き回り、新聞の折り込みチラシやWEBサイト作成とWEB広告などで入居者を集めていく。立地や条件が非常に良いマンションならば、お客さんが自然に集まってくれて完売、というようなこともあるようだが、ほんの一部の物件だろう。

 本当に営業さんは必死だ。以前、私の親がマンションを購入する際、ハンコを押す直前で母親が若干の気変わり発言をしたところ、営業さんが卒倒しそうになったらしい。もちろんそこを購入したが、そのくらい営業に必死だ。営業さん、WEB制作費、広告費のマーケティングコストたるや、それなりの金額になるのではないだろうか。

 これを共同購入でカバーできないだろうか。分譲マンションの共同購入だ。実際に今売られているとある分譲マンション、300戸で平均の価格が5,000万円。全て売れれば150億円だ。そのうち、営業さんの人件費と広告費の合計でそのうち10%や20%ではないと思うのだが。共同購入で一気に埋まるならば、最低でも数百万は購入者に還元できる。たとえ、すべてが一気に埋まらなかったとしても、残った分だけを営業し、広告をかければ、コストもミニマムでおさえられる。これが共同購入の本当の使い方だと思うのだが、どうだろうか。

リアルビジネスの事業者ほどメリットは大きい

 インターネットで購入者を募り人数が多ければ多いほど割安、というモデルは、営業人件費の削減、広告コストの削減、そしてボリュームによる取引先との価格交渉、という3点から成り立つ。そう考えると、現在リアルでビジネスをやられている事業者ほど、共同購入を使うことのメリットは大きいはずだ。営業人件費と広告コストの削減というところのインパクトが大きいはずだから。

 逆にいえば、これまでの共同購入の使い方というのは、実は少しズレていて、販促手段のひとつみたいな形でお客さんの信用を失ってしまったのが悲しい。共同購入とは、インターネットの利点とても活かした、まだまだ可能性のある販売方法だと思うのだ。