株式会社ECマーケティング人財育成は、Eコマース事業の売上アップとチームの人財育成を両立させる、コンサルティング&コーチングの会社です。

石田さんは「やりきってもらう」までが仕事であると恥じた。 【no.0171】

(前回のブログを読まれていない方は、まずこちらからお読みください)

【前回までのあらすじ】
 アイドル芸能事務所「マイドル」を立ち上げた石田さんは、「メガネ歴女」の人気投票オーディションサイト「マイドル」を立ち上げた。第2のサイトとして「メガネ納言」の立ち上げを決意。サイトを管理するF次郎くんとの緊急ミーティングで、「やりきってもらう」までが仕事だと石田さんは気づく。石田さんが行ったこととは・・

 石田さんは、「やりきってもらう」までが、自分の仕事であったと恥じ、翌日から毎朝F次郎くんとミーティングを行うことにしました

 毎朝のミーティングは、芸能事務所の出勤時間である午前10時から20分を使って行います。前日の数字、前日に行った仕事、月次の進捗の順番でチェックを行い、今日、どんな仕事をするかを話合っていきます。F次郎くんには、ミーティングの少し前に出勤してもらい、ミーティングが確認だけで済むように、数字の確認と仕事内容を考えておいて欲しいと伝えました。

 素直なF次郎くんは、毎朝9時半には出勤をし、前日の数字と前日の仕事内容、月次の進捗、そして今日どんな仕事をするかをまとめるようになりました。そのため、10時からのミーティングは円滑に進みました。数字という「結果」を見て、実践した「原因」がどう響いているのかを考える、そこから期待している「結果」を出すために、どんな「原因」をつくっていけばいいのかを考える。それを日次、月次でみていくことで、短期的中期的な「結果」の変化と「原因」の相関性を読み取っていく。石田さんとF次郎くんのミーティングはスムーズに進んでいきました。

 しかし、このミーティングを進めていくには、ひとつ問題がありました。石田さんは、このとき「メガネ歴女」のサイトの管理や、アイドルタレント全体のマネジメント、イベントやグッズの企画を統括していました。特に、B美さんとD菜さんのプロモーションはマイドルの売上の多くを占めるので、手を抜くわけにはいきません。F次郎くんをきちんと育成していきたい気持ちは十分にあるのですが、そこに使える時間が限られていたのです

 午前10時に設定している朝のミーティングも、石田さんの緊急のアポイントによっては中止になることがあります。F次郎くんは毎日ミーティングの準備をしていましたが、石田さんから10時にメールが入り「F次郎ごめん。今日ミーティグお休みで」という感じのことも繰り返されます。F次郎くんにストレスが溜まってきました。おいおい、お前が毎日準備しろって言ってるのに、ミーティングいつもドタキャンしやがって。石田さんの立場からいえば、会社にとって優先順位が高いものから順番に行動せざるをえないので「仕方がない」のですが、F次郎くんは納得しません。だんだん、F次郎くんのミーティングの準備が適当なものになっていきました。

 ある日の朝のミーティングのことです。明らかに、F次郎くんのミーティング資料は適当なものでした。それまで3日連続でミーティングが開催できなかったこともあり、F次郎くんの態度からもイライラが募っていることがわかります。しかし、石田さんとしては、F次郎くんの仕事が適当になっていることを指摘しなければいけません。「F次郎、この資料、もう少しきちんと作れないかな。数字と施策の分析が甘いんじゃないかな」そう伝えると、F次郎くんの堪忍袋がついに切れました。

 「石田さんは、毎日やってるんすか?『メガネ歴女』のサイトで毎日やってるんすか?数字つけてるんすか、何やっている書き出しているんすか?・・教えてください!!」

 石田さんの口はぽっかりと空いていました。

注:このシリーズの石田さんは石田麻琴さんとは別人です。まったくもって実体験でもありませんので、石田麻琴さんのイメージと重ねあわさないようお願いします。

 つづきはこちら

◎定例セミナーを開催しています。こちらから◎