著者:石田 麻琴

「大手企業Webサイト担当」と「ベンチャー企業Webサイト担当」【no.0161】

(前回のブログを読まれていない方は、まずこちらからお読みください)

【前回までのあらすじ】
 アイドル芸能事務所「マイドル」を立ち上げた石田さんは、「メガネ歴女」の人気投票オーディションサイト「マイドル」を立ち上げた。データ分析の末、メインとなったB美さんを強烈にプッシュ。B美さんのおかげで「マイドル」の認知も高まり、B美さんを中心としたグループの2人を新たにオーディションする。最終投票イベント会場は盛り上がり、より「マイドル」に加速がかかる。そして、新たなスター候補生D菜さんの登場により、「メガネ納言」サイト立ち上げを決意した石田さん。課題は、サイトを管理する人にあった・・

 確かに、いままで「メガネ歴女」のサイトを管理していた石田さんは経験もノウハウも持っていた。石田さんが、「メガネ歴女」と「メガネ納言」の両方のサイトを掛け持ちするという選択肢もあった。しかし、実はこのころ、「マイドル」のサイトのブームに便乗した、「メガ歴好き!」という競合サイトがオープンしていたのだった。石田さんの「マイドル」に加え、「メガ歴好き!」が出てきたことで、「メガネ歴女」の市場は拡大していたが、「マイドル」が今まで培ったシェアを「メガ歴好き!」に取られるわけにはいかなかった。もし、「メガネ歴女(マイドル)」と「メガネ納言(マイドルvege)」の両方のサイトを石田さんが管理したら、共倒れになってしまうのではないかと考えたのだ。石田さんは言った。「だって、あっち(競合)はメガ歴好き!にリソース集中してんじゃん!」

 そこで、石田さんは「メガネ納言」サイトを管理してもらう人を探した。いくつもの転職サイトに求人を出したが、期待する人の応募がない。でもなんとかして、「サイトの管理をやったことがある即戦力の人を採用したい!」と思い、しばらく粘った。しばらく粘って、あと少しもう少しと思っているうちに、1年が過ぎた。「メガネ納言」の企画は、企画書として残ったまま、1年の時が流れてしまったのだ。

 実は、石田さんは全く採用せずに1年を過ごしてしまったわけではない。厳密に言うと、2人、新しいスタッフを採用した。1人は、K太郎くんという男性スタッフだった。K太郎くんは、職歴に「大手企業にてWebサイト担当3年」と書いていた。こいつはおあつらえ向きだ、石田さんは思った。即採用した。しかし、間違いに気づいたのは、1週間の研修後、「メガネ納言」のサイトを任せた後すぐだった。「メガネ納言」のサイトの企画書をK太郎くんに渡すと、K太郎くんはバシバシ電話をかけはじめた。Webサイトの制作会社、Webマーケティングの広告代理店、バックヤードシステムの開発会社・・会社共有のスケジュール帳がどんどん埋まった。K太郎くんは各企業にコンペをさせて、それを組み合わせてビジネスをつくろうと考えていたのだった。いやいや、そんな予算ないっつーの。石田さんは、自分の採用を後悔した。

 もう1人は、E恵さんという女性スタッフだった。E恵さんは「ベンチャー企業にてWebサイト担当2年」の経歴を持っていた。石田さんはK太郎くんのときのようなことを繰り返したくなかったので、「自分で動けること」を確認して入社してもらった。しかし、こちらも石田さんのミスだった。「ベンチャー企業にてWebサイト担当2年」のE恵さんは「WebサイトのSEO担当」だったのだ。なので、「メガネ納言」サイトの全体の管理はできなかったのだ。いつもSEOの順位ツールばかりを見ているのでおかしいと思っていたのだが・・。サイトの成果について質問をすると、「検索は上がっていますけど?ページが悪いんじゃないですか?」と言う始末。

 「SEO担当」も「Webサイト担当」で間違いないのだが、サイト全体を最適化できる人はいないだろうか・・。石田さんは悩んだ、結局1年悩んで、ひとつの決断をした

 つづきはこちら

1コメント

  1. ネットショップの戦略をアイドル芸能事務所で活かす。【no.0307】 | ECマーケティング人財育成 | ネットショップ事業と人材を共に育てる。

    […] ・「大手企業Webサイト担当」と「ベンチャー企業Webサイト担当」【no.0161】 http://www.ecmj.co.jp/?p=2233 […]

Comments are closed.