サイトアイコン ECMJ

自分が知らないことは、必ず誰かが知っている【no.0355】

 自分が知らないことは、必ず誰かが知っている。(2014年のコラムです)

 オンラインショップの運営者時代の話。(前回はこちら

 会社の難攻不落の課題として「在庫の自動引き当て」のシステムがありました。オンラインショップで販売している商品は、全て在庫を抱えているわけではありません。在庫がある商品。メーカーへの発注がすんでおり予約として注文を受けている商品。注文を受けてからメーカーに発注をする商品。これらの3パターンがありました。

システム解決の鍵が突然、通勤電車の中で閃いた

 お客様からいただく注文のパターンも様々です。倉庫に在庫があり、すぐに商品を発送できるものがあります。それと合わせて予約注文の商品を購入されていることもあります。予約注文の商品と、受注後発注の商品が同じ買い物カゴで購入さることもあります。基本的には送料の関係上、全ての商品が揃い次第(つまり在庫になり次第)の発送です。これをどうすればシステム化できるか、という課題でした。

 全てのお客様がひとつの買い物カゴで1商品だけを購入するならシステムは簡単です。すべての商品が在庫アリであれば、それもシステムは簡単です。しかし、一度の注文で複数の商品を購入するお客様がかなりいます。在庫がある片方の商品を残しておきつつ、他方の商品を待たせておくにはどうするか。その優先順位づけの関数を作れれば解決できるかもしれない。突然、通勤電車の中で閃きました。

 出社して「エクセル データ 順位付け」と検索したのですが、該当する例がありません。どう表現をしてインターネットで検索すればいいか、行き詰ってしまいました。結局、利用したのは「Yahoo!知恵袋」でした。シンプルな解決法でスイマセン。しかしながら、いままで仕事で「Yahoo!知恵袋」を活用するという発想はありませんでした。なぜ「Yahoo!知恵袋」に書き込んだか、以前の投稿に似たような質問があったからです。

「在庫の自動引き当て」システムはわずか2日間で完成

 アクセスを使って、こういう優先順位を付けたいんです。そう投稿すると、数時間とおかず返信が返ってきました。あまりにすぐに返ってきたので驚きました。と同時に、「そんなもんか」という感覚もありました。アクセスや関数を知っている人には、特段難しくないプログラムだったんですね。それを自分の中で、あれやこれやと悩んでいたのがバカらしくなりました。「なーんだ。詳しい人に聞けばいいだけじゃん」と。

 そして、「Yahoo!知恵袋」の関数を利用して「在庫の自動引き当て」システムは、わずか2日間で完成してしまいました。いままでずっと悩んできたのに。いままでずっと手作業で30分くらいかけていたのに。「Yahoo!知恵袋」に投稿しただけで時間にして3分。ワンクリックで解決するシステムができてしまいました。

 前職ではサービスに合わせたシステムが組みたいということで、システムを自社構築していました。ソリューションを活用すれば簡単に解決したことかもしれません。スクラッチでシステム会社に構築してもらえば、簡単に解決したことだと思います。そんな中で、自分でデータベースを作成しシステムを構築できたのは大きな財産です。

自分が知らないことは、必ず誰かが知っている

 オンラインショップのバックオフィスは、EC運営を経験した人しかわかりません。元々EC運営していた会社のソリューションが選ばれているのは当然だと思います。実は、フロントヤードよりも、バックオフィスの情報の方がはるかに不足しています。もはやオンラインショップも部分最適ではなく、全体最適の時代です。よりバックオフィスのノウハウが重要視されていくと思います。

 このシステム構築の仕事を通じて学んだこと。データベースやシステムの概念という知識だけではありません。「自分が知らないことは、必ず誰かが知っている」そして「それは自分が思っているほど難しい課題ではない。人にとっては当たり前のことである」ということでしょうか。

 つづきはこちら

【合わせて読みたい】
ECサイトの在庫管理システム比較9選。管理のポイントもお伝えします

モバイルバージョンを終了