著者:石田 麻琴

Eコマースのひと工夫まとめ「改善は回るよ」「売れる理由を探す」「いまにより集中するために」他【no.1294】

土曜日なのでコラムのまとめの日です。

今回から新カテゴリの「Eコマースのひと工夫」ついて、オススメしたいコラムをまとめていきます。お時間があるときにぜひまとめ読みをされてみてください。

・ネットショップの改善は、2週目3週目と続いていく【no.1244】

Eコマースの改善は一度きり、ではないんですね。一度目改善をして、その結果から次の仮説を立てる。二度目の改善をして、その結果からさらに次の仮説を立てる。三度目の改善をして‥というように運用改善のサイクルは半永久的に回っていきます。一度目の改善で結果が出たならしめたもの。結果が出ないことが普通。繰り返すことで成果へと繋がっていくのです。

・市場で売れている商品にもっともっと目を凝らす【no.1236】

わかっていてもなかなかやらない、できないのが市場をみることです。どうしても自社のサイトばかりを見た改善になってしまいます。Eコマース市場で売れている商品こそ、売れる商品です。Eコマース市場で売れている商品は「なぜ売れているのか?」そのエッセンスを予測しましょう。自社の商品企画や商材開拓、商品の見せ方にも繋がっていくはずです。

・ネットショップの運営を企業の研修にしよう!その一【no.1226】

ネットショップの立ち上げと運営を企業研修にするのって面白いと思うんですよね。ネットショップは経営のシミュレーションになります。少ないコストで商品の仕入れからカスタマーサポートまで、商売の一貫した流れを体験することができます。経営感覚やデータ分析力を養う良い機会になると思うのですが‥。

・1月4日をお休みにしたか否かで、従業員満足度が相当変わる気がする。【no.1220】

これ、1月4日がお休みの会社ばかりではないし、休みにできなかった理由がある会社もあるだろうから、まあちょっと優しい気持ちで読んでもらいたいコラムになります。すいません、ちょっと守りに入ってます。今年(2017年)の1月4日に街に出ていたのですが、「これは出勤している人、嫌だろうな」って思ったんですよね。

・スケジューリングを徹底的に極める!仕事の回し方のコツ。1【no.1213】

Eコマースビジネスで成功するためにはやっぱり汗を流さなくてはいけません。たくさんの仕事を回すためにはスケジューリングが不可欠。1日は24時間しかありませんし、頭を1度に使えるのは1つのこどだけ。そう考えると、「いかに今に集中するか」が仕事のパフォーマンスを上げるためのポイントになるのです。そのための、スケジューリングですね。

・「お客様はこの商品を何と表現して探すか?」を考える、吸い上げる。【no.1209】

ネットショップを運営する側は商材の「プロ」なので、素人目線がどうしても抜けがちになります。「そんなことお客様知っているでしょ」と思ったり「こんな情報お客様をバカにしているのでは」と思ったりしてしまいます。でも、お客様のもっている情報は「プロ」が思っているレベルのずっとずっと下です。それは自分の立場に置き換えれば、実は簡単にわかることなんですよね。

・本質的な問題は「継続」。自分のモノにするまで続けられないから、結果に繋がらない。【no.1198】

世の中に良い情報はあふれています。ネットショップの運営方法もそうですし、成功事例もそう。スキルやノウハウの話も、WEBや本やセミナーからいくらでも収集することができます。では、なぜ結果に結びつかないのか。それは「自分のモノ」にできてないからです。自分に消化できないから、結果に繋がりません。そして消化するためには、継続するしかないですよね。

コラムのまとめ、つづく。