著者:石田 麻琴

ネットショップの運営を一日の流れにそって解説!【no.1363】

 ネットショップの運営について解説をしていきます。

 ネットショップには「商品企画/商材開拓」「WEB制作」「集客」「運営」「受注/データベース管理」「物流」「カスタマーサポート」の7つの仕事があります。今回は日々の業務の流れからネットショップの運営業務を理解していきましょう。

*前日のデータを確認する

 朝、会社に出社をしたら最初にやりたいのが前日のデータの確認です。ECMJで推奨している実行数値管理表を作成し、前日の施策がどんな効果を収めているか、前日特別な外的要因がおこっていないかを整理していきます。

*お客様の注文データを確認する

 前日もしくは前回処理以降のお客様の注文状況を確認します。ネットショップのシステム上で受注データを確認したり、システムから吐き出したCSVデータを自社のデータベースに上げてデータを管理したりします。お客様に注文確認のメールを配信します。

*物流に発送の指示を出します

 物流データの作成、在庫の確認、納品書の作成、配送伝票の印字など商品発送の準備を進めます。自社で発送をおこなっている場合は社内で、外注している場合は外注先に発送の指示をおこないます。Amazonなどは勝手に進めてくれますね。

*バックヤード業務を効率化しフロントヤード業務を厚くする

 ネットショップを成長させるためにはバックヤードの業務をできるだけ効率化し、フロントヤードの業務に使える時間を厚くしたいところです。注文確認や物流、カスタマーサポートのメール返信だけで1日のほとんどを使っている事業者の方は少し危険です。中期的に売上が落ちる可能性があります。

*販売スケジュールを立てる

 フロントヤードの業務「商品企画/商材開拓」「WEB制作」「集客」「運営」はバックヤード業務のように毎日必ず仕事があるわけではありませんし、仕事の流れもランダムです。ただ、軸になるのは販売スケジュールです。新作の発売、メルマガの配信、販促企画のスタートなど、販売スケジュールを先に立て、そこから逆算してフロントヤードの業務を進めていきます。

*例えば、月末に新作の商品を発売するとして

 月末の6月30日に新作の商品をネットショップで発売するとします。そうするとまず決めなければいけないのは、どの商品を発売するかです。商品を仕入れるのか、それとも自社で開発するのか。「商品企画/商材開拓」の仕事が関わってきます。新作商品も1商品の発売か、複数商品の発売かを決めなければいけません。

*新作商品の商品ページをつくる

 発売する商品が決まったら商品ページをつくります。商品ページの作成は画像の撮影、商品説明文の作成、検索キーワードの検討、ページの作成(コーディング)などの仕事から成り立ちます。画像は商品単体の物撮りだけではなく、装着画像や利用シーンの画像なども撮りたいところです。「WEB制作」の部分ですね。

*新作商品ページをどうやってお客様に見てもらうか

 商品ページを作成し、新作商品を発売したとしてもお客様がページを見てくれなくては商品が売れることはありません。新しいお客様にネットショップにアクセスいただく方法としての「集客」の仕事、既存のお客様にネットショップにアクセスいただく方法としての「運営」の仕事があります。広告は「集客」、メールマガジンは「運営」の仕事としてイメージしてみてください。

 ―――以上、ネットショップの運営について1日の流れから解説をしました。フロントヤードの仕事にどれだけ時間を使えるかが成長のポイントです。1日がバックヤード業務で終わってしまう場合、何かの問題があります。ぜひご相談ください。