著者:石田 麻琴

年末年始「Netflix」にドハマりして思ったこと【no.1989】

 少し前に「GAFA」という言葉がありました。ご存じの方も多いと思いますが、2000年代から一気に世界的な企業となったアメリカの「Google」「Amazon」「Facebook」「Apple」の頭文字をとって「GAFA」と呼ばれていたのですが、最近はここに「N」という文字が一文字くわわって「FANG(Appleが抜かれる)」と呼ばれたりしています。この「N」が表わす企業は「Netflix」です。

 オンラインのコンテンツサイトというと、「Netflix」の他にも「Amazonプライムビデオ」「Hulu」などの世界展開をしている企業があり、国内でも「Paravi」「U-NEXT」「TELASA」など、主に民放のテレビチャンネルが中心に展開している動画配信サービスがあります。これら定額制のサービスの中で、圧倒的な勝ち組になっているのが「Netflix」なんですね。「Netflix」社自体のスタートは1997年ですが、日本に登場したのは2015年頃だったのではないでしょうか。

 オンラインの動画配信サービスというと、「昔、テレビや映画でやっていたコンテンツが見られるんでしょ」というのが以前の感覚であり、「それならばYoutubeでいいじゃん」というように無料の動画配信サイトと比較したときのメリットがわからない状態でした。主に国内の動画配信サービスはほぼこの状態なので無料化と有料化の境目をイマイチ出られていないところなのですが、「Netflix」の場合は自社で独自のコンテンツを制作しているところが全く異なります。つまり、「Netflix」自体がひとつの動画サービスとして成り立っているわけですね。

 「Netflix」は現在日本円で2兆円もの番組制作費を有しているといわれていて、「Netflix」の独自コンテンツである「全裸監督」についても、民放のテレビドラマの数倍の制作費がかけられていたと言われています。こういった後発のサービスは資金力的にも弱く、「少ない制作費の中でアイデア勝負」といったイメージがつきやすいのですが、すでに制作費の時点でも日本のテレビ番組を凌駕しているわけです。前述の「全裸監督」の主演は山田孝之さんでしたが、山田さんのような超一流の俳優を招くほどの資金力があるわけです。

 では「なんでそんなに資金力があるのか」という話になるのですが、ひとつは「サブスクリプション」というビジネスモデルからでしょう。ご存じのとおり「Netflix」は月額定額制であり、視聴者であるユーザーから直接売上をいただいているモデルです。当然、加入率や解約率、協業先へのマージンなども綿密に計算しているのだと思います。継続率に比例するのがコンテンツ力です。サブスクリプションのビジネスモデルは広告主から収益を得る日本のテレビのモデルとは異なるため、徹底的にユーザー側を向いたコンテンツを制作することが可能になります。やっぱり継続の源泉は「商品力(=コンテンツ力)」というわけです。

 そしてもうひとつ、これは「FANG」すべてに共通することですが、「最初から全世界向けのビジネス」として展開されているということです。日本のテレビドラマはあくまで日本のユーザー向けにしか作られていません(「結果的に海外で流行ってしまった」は話が別)。「Netflix」は最初から全世界に配信することを前提にコンテンツを制作しており、まあ簡単にいえば字幕や吹替を当初から準備しているということなんですが、このあたりは配信初期の話題性や初速のデータをみながら配信をコントロールしているものだと想定されます。

 そういった点でいうと、比較的モデルとして近しいのが「Amazon」である気がしていて、「Amazon」も独自のサービスへの落とし込みを進めつつ、レコメンドなどのシステムを整えつつという感じのなのですが、「Netflix」には物販のような「在庫」という概念がないので、よりEコマースとしては自社のデータが活用しやすいかなと。動画配信サービス自体がまだまだこれからの世界だと思うので、業界全体&「Netflix」の今後の動きには要注目です。

 そんな私が年末年始に「Netflix」にドハマりしていた、という話でした。