「パフォーマー」と「ダンサー」のマーケティング的違い。【no.0298】

先日、EXILEのHIROさんのエントリーを書きましたが、

やはり言葉って重要だと思うのです。

EXLIEで言うと、「パフォーマー」という言葉です。デジタル大辞泉で調べると、パフォーマーとは「パフォーマンスをする人。演技・演奏などの表現活動をする人」ということなので、別に「ダンスをする人」だけを指しているわけではないんですね。まあ、ダンスも表現活動のひとつだとは思うんですが。

 じゃあ、「パフォーマー」と「ダンサー」って違うの?

という話になります。これ、インターネットで調べている人、けっこういるみたいですね。これはHIROさんの表現を借りれば、「パフォーマーはボーカルと同じ立場(並列)だから」ということになります。「ダンサー」というと、いわゆる「バッグダンサー」というような、「ボーカルの引き立て役」みたいなイメージがあって嫌だったんでしょうね。

言葉の重要性って、その言葉の持っている意味だけではなく、言葉が醸し出す「イメージ」だったりするわけですね。「ダンサー」という言葉に、「バックダンサー」的なイメージが染み込んでしまっているならば、これは言葉自体を変えなければいけないわけです。しかしながら、この「パフォーマー」という言葉を浸透させたEXILEって凄いですよね。子ども達が将来の夢として、「パフォーマーになりたい」って言っていますから、これは完全な「文化」です。実は、最初にパフォーマーを起用したのはDragon Ashだった気もしますが・・。

 同様な感じで、「トレーダー」という言葉があります。

ご存知のとおり、証券を売買する株式証券業者であったり、個人で証券を売買する業者についても、「トレーダー」と呼びますよね。「ディトレーダー」なんて言葉もあったりして。この「トレーダー」という言葉も、証券の売買をするようになってからできた言葉なんですよね。「トレード=trade=交換する」という言葉を使って、「トレーダー」なんて上手く言ったもんです。もちろん、「交換する」という言葉に、証券の売買に関する意味合いはありません。だから、元々は全く関係のない言葉です。

やっぱり、しっくりする言葉があると、ひとつのポジションとして確立した感じがしませんか?

さて、ここまで読んでくれた方、ご愁傷さまです。ここからは、私からのお悩み相談会となります。ぜひ最後までお付き合いください。

弊社ECマーケティング人財育成は、「データをとって、毎日カイゼン」のできる人財を育て、事業を成長させていくことを目的としているのですが、この「データをとって、毎日カイゼン」ができる人財に、名前を付けたいのです。今のところは、「ECマーケティング人財」「EC人財」などと呼んでいるのですが、「データをとって、毎日カイゼン」をするのは、Eコマースの業界には限りません。特に、インターネットビジネスを進めていく会社については、当然のように「データをとって、毎日カイゼン」のできる人財が必要になります。

また、昨今のビッグデータブームについても、データ収集のツールや、取得のルール化、データのクリーニング、データ集計のBIツールなどの話は多く上がりますが、集計したデータをどう見て、どう改善施策を施していくかはまた別の話になります。やはりここでも、収集・集計したデータを活用して「データをとって、毎日カイゼン」ができる人財が必要になるのです。

「データをとって、毎日カイゼン」のできる人財は、「データをみる素養を持った人財」「データをみるセンスを持った人財」ということになると思うんですが、なんかひと言で言い表せる言葉、ないですかね?(これが私のお悩み相談です)

データサイエンティストはよりデータ分析の専門的な人だし、マーケッターは市場調査っぽいイメージがあるし、Webマーケッターとか言うとインターネット広告の知識に重きがありそうな人のイメージがある気がしますよね。「データー=dater」とか「センサー=senser」とか「データセンサー=datesenser」とか、かなり
しっくりきませんので、海外の事例なども含め、どなたかご教授いただけませんか?

ご連絡はこちらまで。採用された方には謝礼をご用意します。→ info@ecmj.co.jp