著者:石田 麻琴

「成果が上がらない」ことのほとんどの理由は「ただ単に知られていない」だけ【no.0430】

(2014年11月のリライトです)

「成果が上がらない」ことのほとんどの理由は「ただ単に知られていない」だけです。

サービスの利用者が増えないのは「ただ単に知られていない」からです。商品が売れないのは「ただ単に知られていない」からです。会社の名前をいうとポカンとされてしまうのも、「ただ単に知られていないから」です。「成果が上がらない」ことのほとんどの理由は、そのサービスや商品、つまりコンテンツにあるのではなく、「単に知られていない」からなのです。

それでも人というものは面白いもので、「成果が上がらない」とコンテンツを変える努力をします。現状のサービスの問題点や課題を収集し、改善活動を施す。商品についてのお客様アンケート調査を行い、次の商品開発に活かす。サービスのコンテンツの種類を変えたり、商品のラインナップを変えたり、インターネットビジネスで言えば、UIを変えたりUXを工夫したりして、何とか「成果が上がる」ように努力をします。

しかし、これらのすべては内部の改善活動です。サービスや商品を「知ってもらう」ための施策ではなくて、サービスや商品を見にきた方、もしくは知っている方に対してのアプローチ方法を変えているにすぎません。当然ですが、サービスや商品のクオリティを「掘り下げる」ことを否定しているわけではありません。それはそれで必要ですが、「単に知られていない」ことの解決からはアプローチがズレているわけです。

しかも、サービスや商品のクオリティを掘り下げ、「縦」の改善活動を行うならばまだ良いのですが、コンテンツを変える努力として、当初のコンセプトとズレたサービスを始めたり、コンセプトとズレた商品ラインナップを用意したり、「横」の改善をしてしまう場合があります。売上の上がらないラーメン屋がカレーライスを売り始めるようなものです。お客様に寄れば寄るほど、他社のコンテンツとの「違い」がなくなってきます。「選ぶ理由」がなくなるわけです。

では、「成果が上がらない」ことのほとんどの理由が「ただ単に知られていない」ことであるにも関わらず、なぜ多くの人が「内部の改善活動」というアプローチを選択してしまうのか、です。ひとつは、「良いものにはお客様が寄ってきてくれるはずだ」という勘違いがあります。サービスや商品を改善して、より良いものにすれば、「どこからか勝手にお客様が集まってくれる」という根拠のない妄想です。肝心なのは、もうひとつの方です。ズバリ、「内部の改善活動」の方が「ラク」だからです

そうなのです。「内部の改善活動」の方が「ラク」なのです。社内でみんなで集まって会議をして、アイデアを持ち寄って、その中から優先順位をつけて、自分達が思うとおりにサービスを変えたり、商品ラインナップを変えたり、UIとUXを変えたりすればいいのです。そこに「他者(他社)」というものが関係しません。コンテンツを変えるという改善活動は、自己完結ができますから、「他者(他社)」に面倒や迷惑をかけることはありません。面と向かって評価されることもありません。だから「ラク」なのです。

しかし、「ただ単に知られてない」という課題を本質的に解決するためには、コンテンツをそのままのクオリティに保った状態で、「人に知られる」ためのアプローチを行わなくてはいけません。これは「内部の改善活動」ではなくて「外部の改善活動」です。仮に予算があるなら「広告をかけましょう」という話になりますが、多くの事業者には広告宣伝費の余裕はありません。お金が無いとなると、時間を使うということになります。汗を流すということになります。所詮、ひとりで「伝えられる」人数は限られていますから、「このチラシを置いてください」なのか「このリンクを載せてください」なのかわかりませんが、詰まるところ「人に頭を下げてお願いする」ことを前提とした改善活動になります

「ただ単に知られていない」ことを解決するのは、「人に動いてもらう」というドロくさい仕事です。地道で面倒で手間のかかる仕事です。それが嫌だからこそ、たとえ「必要性に気がついていた」としても見て見ぬふりをし、「内部の改善活動」によって解決策を見出そうとします。しかし、それは本質的な解決にはなりません。「成果が上がらない」ことのほとんどの理由は、やっぱり「ただ単に知られていない」だけです。どんなサービスを提供するか、どんな商品を販売するか、どんなウェブサイトにするかと同じくらい「どうやって知ってもらうか」を考え、実践してみてください

3 コメント

  1. インターネットビジネスを始めるときに、絶対に読んでおきたいブログ6選!【no.0734】 | ECマーケティング人財育成 | ネットショップ事業と人材を共に育てる。

    […] […]

Comments are closed.