著者:石田 麻琴

「食い逃げされるなら、バイトを雇え」と言いたい。 【no.0099】

(2013年12月のリライト)

*無賃乗車は「なんとかならんもんかなぁ」

 無賃乗車を見るたびに、「これってなんとかならんもんかなぁ」と思う。さっきも、最寄の駅の改札で、私の前の前を歩いていた人が、自動改札を強引に突破していった。自動改札の液晶モニターには「止まれ」の赤いサインがあらわれ、私の前を歩いていた人、つまり無賃乗車男の後に続いていた人が立ちどまり、やっぱり「これってなんとかならんもんかなぁ」という顔をしていた。

 というか、実際には私はその人のうしろを歩いていたので、表情を伺うことはできなかったのだが、扉の閉まった自動改札、赤い表示が出た液晶のモニター、立ちどまった前の人、そして去りゆく無賃乗車男の一瞥するそのうしろ姿が「これってなんとかならんもんかなぁ」という雰囲気を漂わせていた。

 そして、こんなことが起こった場合は、すぐ横の流れている改札に移動しなければならず。うまく流れに乗って横入りができればよいのだが、列が詰まっている場合は最後尾まで並ばなくてはいけない。これも暗黙のルールである。

*「黙認」がコストバランス上、良いのかもしれないが・・

 無賃乗車をする人の気持ちははっきりとはわからないが、おそらく軽い気持ちなのだろう。電車に乗っていると、数日に1人は無賃乗車の人がいるが(毎日見てる人もいるだろうが)、今日の人も見た感じお金がない人っていうわけではなさそうだし、おそらく彼にとってはちょっとした節約術なのだと思う。

 当然、鉄道会社の方も無賃乗車の存在は十分承知しているだろうが、それを管理するには「現状のスタッフの時間を割いて交代で番をさせる」か「番をするための人材を新しく雇う」か、いずれにせよ時間かお金の何かしらのコストを支払わなければならず、でもそのコストをかけ続ける分のリターンがあるのかといえば、それは「おそらくないんじゃないの?」ということになる。もしかしたら、きちんと計算していて、その上で黙認状態にしているのかもしれない。無人の駅だってあるくらいだから、おそらく計算していることだろう。

 これは正に「食い逃げされてもバイトは雇うな」の話で、考え方としては正しいっちゃ正しいのかもしれないが、私はそうは思わないんだな。だって、無賃乗車男は「もしかしたら捕まるかもしれない」ってリスクは負ってるにしても、「自分はちゃんと支払ってるのに、アイツはちゃんと支払ってない、しかもそれを見張ってない」という事実は、優良な顧客にとって気分がいいものじゃなくないすか?

*効率化は「二方よし」を招いてしまう

 コストとリターンをベースにした考え方だけならば、無賃乗車男と鉄道会社である種のきちんとした関係が成り立ってるのかもしれないが、その鉄道会社の優良な顧客に不利を感じさせるならば、コストを無視してでも対策しなくてはいけないでしょう。つまりこれって、「三方よし」の考え方がベースにあるかっていう話ね。「三方よし」を知らない方はぜひ「近江商人の三方よし」でネット検索してみてください。

 まあ現実的に、私はこれからも今の鉄道会社を使い続けると思うし、鉄道会社の新規参入なんてほとんどないだろうから、サービス悪化で潰れるなんてことはないんだろうけど、「三方よし」ではなくて「二方よし」になってるサービスってこれからなくなっていくと思うんです。「効率化」という名の元に、「二方よし」になっちゃってるサービスは。
 ちなみに、無賃乗車の具体的な対策法を考えてみました。「人に管理させる」という永遠にコストがかかり続ける方法を抜いた場合、自動改札を突破した瞬間に写真を撮る仕組みにして(扉を二重にする)、顔認証のシステムを活用し、複数合致したら検挙の対象にする、データから行動パターンを読んで捕まえる、とかですかね。

 韓国なんかすでに改札自体がなくなっちゃってますが・・これは効率化か?

2 コメント

  1. ECMJブログ傑作選 第二弾「マイケル・ポーターの戦略」「信長・秀吉・家康のセオリー」「ビッグバーZホワイト」等【no.0412】

    […] ・「食い逃げされるなら、バイトを雇え」と言いたい。 【no.0099】 http://www.ecmj.co.jp/?p=1440 […]

Comments are closed.