著者:石田 麻琴

「気づく力」を養うための論理的かつ効果的な方法【no.0541】

 プレゼンテーション力(伝える力)、自己管理能力、論理的思考力・・などなど、成果を残すために必要な能力は様々あると思いますが、「気づく力」というのも成長するための重要な要素なのではないかと思います。

「気づく力」とは、情報の「違和感」を感じる力

 「気づく力」とは、日々浮かんでは消え知らぬ間に目の前を過ぎていく情報の中で、「おやっ?ちょっと待てよ。なんか変だぞ!?」と気がつくことができる力です。情報の「違和感」を感じる力とも言い換えられるでしょうか。一見全く同じように見えるAとBを並べたとき、「AとBは同じです」という人がいます。しかし、AとBのわずかな違いに気づき、「AとBはここが違います」と指摘できる人もいます。この違いはいったいなんなのでしょうか。

 数字を読む力、データを読む力も、これと全く同じ原理です。日々システムから抽出されるデータを見て、ちょっとした違いに「なんかおかしいぞ!?」と疑問を持つことが大切です。そのためには、同一条件同一期間でデータを見ていかなくてはいけません。「あれっ?今日は何だか暖かいぞ!?」と思っても、起床したのがいつもよりも2時間遅ければ暖かいのは当たり前のことです。毎日同じ時間に起床して、同じ条件で気温を感じているからこそ「なんかおかしいぞ!?」と小さな変化に気づくことができるのです。

「気づく力」が養われたプールの更衣室と銭湯の靴箱

 さて、ブログの前半にしてここから完全な余談になりますが、私の場合この「気づく力」が養われたのは、プールの更衣室と銭湯の靴箱でした。「もしかしたらこれが原因なのでは!?」ということに気がついたのです。

 ふたつとも意図しているのは同じです。プールの更衣室にも、銭湯の靴箱にも「鍵をかけるときに100円玉を入れるけれど、鍵を戻すと100円玉が返却される」タイプのロッカーがあります。ごくごく一般的なロッカーです。おそらく、私の「気づく力」はあの場所で養われたのではないかと思います。

 子どものころ、親や友達とプールや銭湯にいくと、帰りに必死で「ロッカーに忘れられた100円玉」を探したものです。しかし、ロッカーに残された100円玉を探すとき、いかにも「この子、100円玉探しているなぁー」という感じに行動するのはさすがに恥ずかしい。ロッカーから自分の着替えや靴を取り出し、出口に向かう途中で何となしにロッカーを見回して、「あれー、100円玉忘れちゃった人いるー。もらっとくかー」みたいなのを気取りたいわけです。(子どものころのことなんで許してくださいね)

 ですから、ロッカーを端からひとつひとつ凝視していくわけにはいきません。いかにもという感じでいやらしいですし、親や友達が先を歩いているわけですから、そもそもひとつひとつを凝視している時間もありません。もちろん、親や友達にも100円玉を探しているのを悟られたくもありません。ロッカーの全体をスマートにパ~っと見て、100円玉を見つけなければいけませんのです。

「画」の残像を残しながら「画」の残像と異なるものを探していく

 そこで考えたのが「違和感を探す」という方法でした。100円玉の残されていない状態のロッカーの正面に立ち、ロッカーのデザインとレイアウトを頭の中にひとつの「画」として入れます。その「画」の残像を残しながら、他のロッカーをスマートにパ~っと見回します。「画」の残像と異なるものを探していくのです。ロッカーに残された100円玉を探すのではなく、各ロッカーの「違和感」を探していったわけですね。

 この方法でロッカーを見ることで、短時間で100円玉をバシバシ見つけることができました。うちの親も「あんた100円玉を見つけるの得意ね」と、私に一定の評価を与えていました。もちろん母親には1円も上納しておりません。おそらくこの方法はスタンダードなやり方のひとつで、この経験を積んだ人は社会でも同じように「気づく力」を活用できるのではないかと考えました。

 ということで、子どもには、プールや銭湯で積極的に100円玉を探させましょう。