著者:石田 麻琴

つくったまま更新しないネットは「失敗」する。【no.1052】

 つくったまま更新しないネットは「失敗」します。

 WEBサイトを立ち上げても、更新をしなければネットは必ず「失敗」します。これはどんなWEBサイトでもいえることです。商品を販売するEコマースサイト(ネットショップ)や有料で情報を提供したり、予約を受け付けたりするWEBサービスサイトに限りません。すべてのWEBサイトにいえることです。

 会社概要や事業内容を紹介するコーポレートサイト(ホームページ)でも同様です。テキスト文章や動画で情報発信をするメディアサイトでも同様です。WEBサイトを立ち上げても、更新をしなければネットは必ず「失敗」します。

*サイトを立ち上げた日がスタートライン

 WEBサイトの制作をする会社の営業にのって、ホームページを立ち上げてしまったが、その後は何もしていない。つくったままの状態になっている。友達の会社がネットショップで商品を売っていると聞いたから、Eコマースサイトを立ち上げた。しかし、WEBサイトをつくっただけで、その後は何もしていない。

 「一応、時代だし、無いよりはあった方がいいんじゃないか・・」くらいの気持ちでネットに取り組んでいるなら結構ですが、もし、WEBサイトを介して、「お客様に商品を売りたい」「見込み顧客からの問い合わせが欲しい」「自社の認知を広げていきたい」などと考えているなら、立ち上げただけで更新がされていないWEBサイトは何の意味も成しません。

 あくまでネットは、WEBサイトを立ち上げた日がスタートラインになります。そこからWEBサイトを改善していって、お客様に存在を知ってもらい、興味を持ってもらい、営業や売上につなげていかなければいけません。WEBサイトを立ち上げただけで、全国から商品の注文がバシバシ入ってきたり、全国から資料請求の連絡が絶え間なくやってきたり、全国の皆さんがあなたの会社の名前を知ってくれたり、なんてことはありません。

*ネット活用の本当のポイントは「運用」

 本当に大切なのは、WEBサイトをつくることではなく、WEBサイトを更新していくことです。つまり、ネットを活用することの本当のポイントはその「運用」にあるということになります。

 そう考えると、ネットの活用に取り組むということは、WEBサイトの「運用の体制」を考えるということでもあります。できることならば、Eコマースサイト、サービスサイト、コーポレートサイト、メディアサイトを立ち上げることを決めると同時に、「どうやってWEBサイトの運用を回していくか」をイメージしておきたいところです。

 ネットの知見がある自社のスタッフにWEBサイトの運用を任せるのか、それともWEBサイトの運用ができるスタッフを新しく採用するのか。採用するのは社員なのかアルバイトなのか、それともインターンにお願いするのか。もしくはソリューションの会社にWEBサイトの運用代行をお願いするのか。この部分を考えておかないと、本当に「つくったまま更新しない」ネットになってしまいます。心当たりがたくさんあるのではないしょうか。

 ネットをひとりの営業マン、ひとつの営業チャネルとして活用するためには、定期的なWEBサイトの更新が必要です。WEBサイトに情報を追加したり、WEBサイトのレイアウトを変えたり、WEBサイトの内容を整理したりすることによって、自社のサービスをお客様に伝えることができるように仕上げていくのです。更新されないWEBサイトは、自分が言いたいことを一方的に伝える新人営業マンと一緒です。

 つくったまま更新しないネットは必ず「失敗」します。

1コメント

Comments are closed.