著者:石田 麻琴

とにかく「やること」が最優先。7割の出来でOK、早い前進が吉です。【no.0694】

 とにかく「やること」が最優先。たとえ7割の出来でもいいので、まずは前に進みましょう。

時間に余裕がときほど、人は身動きがとれなくなるもの

 人間というものは不思議なもので、時間がパツパツ、タスクがパツパツだと、腹を括って前に進むことができるのですが、時間に余裕があったり、タスクが少なかったりすると逆に考え込んでしまい、身動きがとれなくなってしまうものです。

 特に危険なのが、ゴールデンウイークやシルバーウイーク、夏休み、年末年始のお休み、などの長期的なお休みです。溜まっている仕事や、バラバラになっている資料の整理、キャリアプランやライフプランの棚卸など、「長期のお休みの間は時間が取れるからそこでやってしまおう」と思っていることが、意外と手つかずになってしまいます。

 連休には家族と過ごす時間、友達と過ごす時間もあると思います。その予定の中で、「やりたいこと」をスケジューリングするのですが、「今日中にやらなければ」「昼以降も十分に時間がある」「夜やれば今日中にできる」「あー、明日も時間があるし、いっそのこと明日まとめてやっちゃえばいいか」というように、タスクがうしろに押し押しになります。

 毎朝「今日はやらなきゃなー」というところからスタートするわけですから、ONとOFFを切り替えて、休日を楽しむことができません。本来ならば、スケジュールどおりタスクをこなし、遊ぶ時間は遊べばいいのですが、どこか常に頭の中に「仕事」がある状態が続き、十分に連休を楽しめなくなります。ひどい場合、これが連休の最終日の夜中、布団に入るまで続くことになります。

 おまけに、延ばし延ばしにしたタスクほど、実行した際に「100%」に近い精度を、自分の中に求めるようになっていってしまいます。まったく取り掛かっていないタスクでも、頭の中に置いておくだけで時間とともに熟成され、「きちんとした成果を生まなければいけない」というプレッシャーが圧し掛かってきます。だからこそ、取り掛かることに不安になり、余計に身体が動かなくなってしまうわけです。

 この不安によって、私自身もどれくらいの「開放感にひたれる、充実したお休み」を手放したかわかりません。みなさんも経験があるのではないでしょうか。

「70%を100%続ける」ことが大切

 そんなときのおまじないです。前に進むことが怖いとき、「70%を100%続ける」という言葉を思い出すことにしています。実は、仕事で使用しているデスクトップパソコンにも、この「70%を100%続ける」という言葉が書いてあります。どこかの偉い方の言葉ではありません。前述した経験から、自分自身で考えた言葉です。

 自分の中の100%の成果を求めると、前に進むことが怖くなり、身体が固まってしまいます。時間に余裕があるときだったり、緊急度の低いタスクだったりすると、どうしても「明日でいいや」「まだ今度でいいや」となってしまいます。自分の中の100%というものは、そう簡単に出せるものではありません。しかも、基本的に人間は自分の能力を高く見積もっているものなので、100%満足はまず不可能です。結局は自分の持っている駒しか、実践では使えない。当たり前です。

 だから、まずは「やること」を優先します。自分の中の70%をきちんと出せるならば、それで十分です。早目に取り組むことで、まずは70%を作り上げる。100%に足りない30%を、次に70%で補う。そうすると、21%を補うことができます。さらに、残りの9%を70%でやりきる。この3回の「見直し」をおこなうことで、97%の出来まではもっていくことができます。大切なのは、「1度の実践で100%を求めない」ということではないでしょうか。

 「70%を100%続ける」。足が止まりそうになったら、ぜひ思い出してみてください。

3 コメント

  1. 8月のブログランキング。「サイゼリやにいった」「7割の出来で前進」「BNIってお得?」など【no.0713】 | ECマーケティング人財育成 | ネットショップ事業と人材を共に育てる。

    […] […]

Comments are closed.