著者:石田 麻琴

オーナー経営者の時代が到来する2つの理由。【no.0190】

(2014年3月のリライト)

 これからのビジネス、特に、インターネットビジネスにおいては、オーナー経営者の時代になるのは間違いないと思われます。今日は、そんな話。

*判断スピードの速さでオーナー経営者は有利

 では、なぜオーナー経営者の時代になるのか。1つ目の理由は、デシジョン(判断)スピードの速さにあります。複数人の経営者に加えて、株を保有しているオーナーが複数人いる状態では、事業の方向性を決めるのに時間がかかってしまいます。インターネットビジネスはスピードが命です。「東京で流行したアイスクリーム店のビジネスモデルを真似て、大阪でひと儲けしよう」という、リアルの世界ではよくある方法が、インターネットビジネスでは通用しません。

 インターネットビジネスでは、最初に取り組んだ人(もしくは企業)が圧倒的に有利です。先行者の成功事例を参考にして同じようなビジネスを始めたとしても、失敗事例にしかなりません。なぜなら、最初に取り組んだ企業が全てを取りつくしているからです。成功モデルはすでに失敗モデルなんですね。そんな意味でも、ビジネスの先行者であり、もっとも改善が進んでいる事業を目指さなくてはいけないわけです。デシジョンスピードが早いオーナー経営者の企業が勝ちやすいに決まっていますよね。

*事業の差別性でオーナー経営者は有利

 さて次です。2つ目の理由は、オーナー経営者であることで、事業のエッヂ(尖がり)を作りやすいことにあります。ご存じのとおり、情報過多の時代です。消費者がモノを手に入れること自体に価値を感じていない時代です。お客様のニーズは非常に細かく細分化され、モノを通じての体験や感動、ライフスタイルの変化が求められている時代になっています。そんな中で必要なのは、エッジ(尖がり)です。マスな人々を感動させることはできないけれども、ある一定の、セグメントされた顧客に対からは「私のためにあるモノだ!」と言ってもらえる、そんなサービスです。

 では、こんなエッジの効いたサービスが、複数人の経営者や株主が集まった合議制の会議で、はたして生まれるのかという話です。みんなが理解し、納得し、面白いと思うサービスは、エッジの効いたものにはなりません。ことインターネットの世界であれば、見つめてもらえることすらありません。会議の参加者10人のうち、9人はつまらないと言うけれども、1人が圧倒的に面白いと思うようなサービス。100人に1人でも、1000人に1人でも「絶対的に必要」と思ってもらえるサービスが、エッジの効いているサービスです。最終決定が合議にならない、オーナー経営者だからこそ、たとえ全員が反対しても、エッジが効いている方に事業の舵をとっていくことができるわけです。

*会社の規模を大きくすることは有利に働くのか

 この2つの点から考えると、株式上場など、会社の規模を大きくしていくことが、これからの時代、本当に有利に働くことになるのか、疑問がわいてきます。もしも、会社の規模を大きくするとすれば、複数人のオーナー経営者で成り立っている1つの企業、ということになるでしょう。1事業で100億円の売上を持つのではなく、10事業で100億円の売上をあげるようなビジネスです。もしくは、100事業で100億円の売上をあげるくらいのビジネスでも良いのかもしれません。そのためには、前者であれば10人、後者だと100人のオーナー経営者(もしくはオーナー経営者的な人間)が必要になるわけです。

 お客様のニーズは細分化され、1つ1つのニーズがより深くなっている。その深いニーズに対して「1番」になれるサービスだけが生き残ることになります。1人の経営者で複数のサービスを24時間考えるのは不可能です。やはり勝つのは、1人で1つのサービスを24時間考えているオーナー経営者です。そんな人財を、会社に何人抱えているかが、企業として事業として、そして売上としての成長幅になっていくのではないかと思います。

 そんな人、社内に何人いますか?