著者:石田 麻琴

上級者でないものが「真似る」とき、徹底的に真似る。そこに自分の判断を入れてはいけません。【no.0534】

(2015年3月のコラムリライト)

 何事も一緒だと思いますが、何かを学ぶときに「まず上級者のやっていることを真似る」ことが重要だと思います。ネットショップの運営であれば、自社のネットショップと同じ商材を扱っている上位店舗(実績のあるネットショップ)を真似るところから始めるのが良いと思います。

 しかし、本人は上級者のやっていることを真似ているつもりでも、はたから見ると「まったく真似られていない」場合が多くみうけられます。私自身、ネットショップ運営の相談に来られた方に、「商品のメイン画像の作成と、商品タイトルの付け方は、このネットショップを真似てみては?」などとアドバイスをすることが多いです。

 ところが、「石田さんに教えていただいたとおり、そのネットショップを真似てメイン画像を作成しました!」と連絡をいただき、その変更されたメイン画像を見てみると上級者のものとは全く別物・・ということが良くあります。自分では意識をしていなくても、知らず知らずのうちに、「自分の主観」が混ざってしまうのです。自分としては「真似て」いたとしても、はたからみると「全く別物」です。

 「まず上級者のやっていることを真似る」というのは、上級者のやっていることから「良い部分を見出し、盗む」ということではありません。そもそも自らは「上級者」ではないのですから、上級者のやっていることをみて、「良い部分だけを取り入れよう」ということ自体が間違っています。上級者のもっているノウハウは、上級者でない者にとってはわからないものなのです。

 ですから、「上級者のやっていることを真似る」というのは、自分の主観を抜きにして、すべてを「徹底的に」真似るということです。

 例えば、ネットショップのメイン画像の作成の場合です。アイテムを撮る角度を真似ます。アイテムへの照明の当て方を真似ます。アイテム画像の補正を真似ます。メイン画像のレイアウトを真似ます。フォントの種類を真似ます。フォントの大きさを真似ます。テキストを一言一句違わぬように真似ます。ここまで徹底的に真似ていくのです。

 コンテンツを盗んで掲載をするわけではないので、当然盗作ではありません。それに「徹底的に」真似ようと努力をしたとしても、それでもはたから見ると完全には真似ているように見えないことがほとんどです。完全に真似ようとすると、スキルが足りないことに気がつきます。そして経験が足りないことに気がつきます。しかし、クオリティは時間が経たないと上がらないものです。時間を重ね続けていくことで、また新しい「気づき」が生まれます。

 まずは盲目的に、何も考えず、無心で、「上級者がやっていることを徹底的に真似る」。そして真似続ける。上級者でないものが、「この画像はここがポイントなのだろう。このテキストはここがポイントなのだろう」と主観で判断してはいけません。たとえ「ここってどうなの?」と思う部分があったとしても、実は上級者にとってはそれが「本当のポイント」である可能性だってあるわけですから。

 新入社員の頃、ネットショップの商品説明文を書くとき、当時の社長に「このページ、そのまま真似してくれて大丈夫だから」と言われました。丸パクリするのは悪い気がして、それに「自分の方が上手い」気がして、多少のアレンジを加えて商品説明文を提出したのですが、「そのまま真似でいいから!」と社長に怒鳴られたことがありました。その時は「まるまる真似るって変だろう」と思ったのですが、今はあのとき社長がいっていた意味がよくわかる気がします。

 上級者でないものが「真似る」とき、自分の判断を入れてはいけません。