著者:石田 麻琴

問題の本質は、「続けられない」こと。 【no.0102】

 以前のコラムで、マイケル・ポーターが語った「戦略とは」について書きました。

 これと決めた信念を徹底することこそが「戦略」であり、実は「戦略」とはそれだけのことだという話です。その後に、私が思ったことを書こうと思ったのですが、マイケル・ポーターと岩佐さんの話の後に意見を書いても、「お前が言うことかよ」と変な感じになってしまいそうなので、また今度に・・。

*多くの人が悩んでいるのは「続けられない」こと

 このマイケル・ポーターの「戦略とは」を聞いて思ったのは、「人は続ける方が難しい」ということです。弊社のコンサルティングの考え方も、この「人は続ける方が難しい」が原点にあります。多くの人が悩んでいるのは、「どうすればいいかがわからない」ことではなくて、「続けられない」ことではないでしょうか。

 ほとんどの人は、「どうすればいいか」は実は知っているはずです。コンサルティングの相談をいただいたときも、こちらから「売上をあげるためにはどうすればいいですかね?」と質問すれば、「WEBサイトへのアクセスを増やせばいい」とか「客単価が上がれば売上も上がる」とか「もっと良い商品を仕入れる」とか、答えが出てくることがほとんどです。では、「アクセスを増やす、にはどうすればいいですかね?」と聞けば、「SEO対策をする」とか「メールマガジンを送る回数を増やす」とか「ソーシャルメディアアカウントをつくってそこから誘導する」とか、各々を実践したときの効果は別として、きちんとした答えは返ってきます。

*「どうすればいいかがわからない」は怠慢

 いやー、そもそも「売上をあげるためにはどうすればいいか?」を知らない場合もあるよ、という意見もあるかもしれません。でも、「どうすればいいか」を知らない場合ならば、「知ってそうな人に聞いてみる」とか「知ってそうな人を知ってそうな人に聞いてみる」とか「無料のセミナーに参加してみる」とか「マーケティングに関する本を10冊読む」とか「思い切って運営会社に電話して、ヒアリングの時間をもらう」とか、「売上をあげるためにはどうすればいいか?」のステップは頭の中のどこかにあるわけですよ。

 だから、やっぱり問題は「どうすればいいかがわからない」ということではないはずなのですよ。むしろ、「どうすればいいかがわからない」を理由にするのは単なる怠慢とも言えます。だって、ほとんどのことは99%、どこかの誰かが知っていることじゃないですか。全く新しい事象で、人にも質問できなければ、本を読んでも糸口さえ見えない、なんてことはまず無いはずです。いきなりの解決は望めなくても、1センチずつ解決に近づく方法はいくらでもあるでしょう。だから、「どうすればいいかがわからない」はやっぱり怠慢です。

*「掘り下げる」ことの重要性

 もう一度いうと、ほとんどの人は、「どうすればいいか」は知っているはずです。しかしながら、その知っていることを実践したところで、「本当に成果が出るのかがわからない」から、不安で動けなくて、「どうすればいいか」を聞きたくなるんですよね。でも、ここが大きな間違いで、考え方を改めるしかないです。「どうすればいいか」知っていることを実践しても、「100回実践するまで成果は出ない」と。もちろん、100回というのは「たくさん」という表現ですよ。

 「WEBサイトのアクセスを増やす」というテーマならば、SEO対策もそう、メールマガジンもそう、SNSもそう、やったらいきなり効果が出るってないじゃないですか。何回も実践を繰り返して、サービスとお客様との間のチューニングができた上で、本当の成果が生まれてくるものだと思います。だから、「どうすればいいか」には必ず「ただし、チューニングし続けられた場合」という条件がつくのです。「どうすればいいですか」を聞きたくなる気持ちには、この「チューニングされた状態」を知りたい気持ちが絡んでいるのだと思うのですが、こればっかりは「続けないと」わからないことなので、伝えることはできません。

 だからやっぱり、問題の本質は「どうすればいいかがわからない」ことではなくて、「続けられない」ことなのだと思います。マイケル・ポーターが説明したことも、「面を広げる」ことではなく「掘り下げる」ことの重要性なのではないかと。