著者:石田 麻琴

引越し業者ってめちゃくちゃスゲー、営業の裏をみた話。その一【no.0498】

★こちらは過去のECMJコラムで人気があった「引越し業者さんの話」です。マーケティングぽい?話としてお楽しみください。(すでに引越し済です)

 ちょっと家庭の事情(妻の出産)で、妻の実家の近くに引っ越すことになりまして、この数週間、家を探しておりました。

 いくつかトラブルなり、アクシデントなり、意外な物件との出会いなりがあって、晴れて「ここが一番駅から近くていいよねー」と当初から言っていた物件に辿りつくことができたわけですが、希望する物件があったとしても「審査」というのがあり、その後「契約」というのがあるわけです。

「引越し業者って決まっています?」みたいな提案

 保証会社の「審査」を通過し、いざ「契約」となるまでに、不動産会社の申込の流れの中で「引越し業者の選定」というものがありました。不動産会社から「石田さん、保証会社の審査に通りましたよ」という電話がかかってきて、「これから契約書をお作りしてご自宅にお送りしますね」という話の後に、「そういや石田さん、引越し業者って決まっています?」みたいな話になるわけです。

 自分で引越しを済ませてしまう(友達に手伝ってもらう含め)とか、特定の引越し業者に決めているとか、知人の引越し業者を使うことになっているとかでなければ、ウチ(不動産会社)が提携している引越し業者から、いくつか見積を取ってみませんかというわけです。ウチ(不動産会社)の顔も利きますし、安くなるんで、みたいな感じですね。

 まあ、特段、引越し業者にこだわりもないですし、自分達でやる気もない(妻は妊婦だし)、知人の引越し業者に任せる予定でもないので、「そういうものなのだろうな」という感じで、「じゃあ、S社さんとA社さんにお見積をお願いしてもらえますか」と不動産会社にお願いをしました。引越し業者の選択肢は4社あったのですが、まあ2社くらい聞いておけばいいかな、という感じで。

日曜日のまったりしている時間に電話がかかってきた

 そんな、「審査通りましたよ!」「引越し業者どうされます?」「じゃあ、この2社お願いしようかな」みたいな私と不動産会社の電話でのやり取りがあったのが、日曜日の午後のことです。不動産会社が「その2社から見積の電話がかかってくるので」というので、てっきり翌日の月曜日にかかってくるのかなと、普通に残りの休日を楽しんでいたんですが、いきなりその当日、日曜日の最もまったりしている夕方6時に引越し業者から電話がかかってきたんですね。

 フリーダイヤルでの着信でしたから、「おお、きたかな?」と思って出ると、引越し業者のS社の方でした。「この度は、お見積りの機会をいただいて誠にありがとうございます。早速なんですが、お見積りにお伺いする時間を決めたいのですが・・」という感じで、非常に感じの良い女性の方からの電話でした。S社は翌月曜日の朝のアポイントを希望されたのですが、少し仕事が混んでいる時間帯だったので、2日後の火曜日の朝イチの時間帯8:30~9:30でアポイントをお願いすることにしました。

 見積に来てもらう時間も決まり、「では火曜日に」と、もうまさに電話を切るというときに、オペレーターの方が「今回、無料のお見積りをいただいたお礼に、宮城県産のお米『ひとめぼれ』1キロ、700円相当を差し上げます。こちらは、もし見積を採用していただかなくても、お渡ししていますので・・」と言いました。「ほぅ、見積をするだけでお米がもらえるのか」と。なんで「700円相当」という言葉を付け加えたのだろうか、そこに違和感をもちながらも、「そうですか。ありがとうございます」と言って、電話を切りました。

この後のお時間いかがでしょうか?

 そのわずか8分後のことです。今度は引越し業者のA社の方から電話がかかってきました。同じように女性のオペレーターの方(こっちは音が割れていて聞き取りづらかった)が言いました。「この度は、お見積りの機会をいただけてありがとうございます。早速なんですが、お見積りにお伺いさせていただく時間ですか、この後のお時間いかがでしょうか?」。

「えっ!この後って、今日、いまからってことですか?(休日だし、めちゃくちゃ気を抜いてる感じなんですが・・)」

 つづきはこちら

2 コメント

  1. 引越し業者ってめちゃくちゃスゲー、営業の裏をみた話。その二【no.0500】 | ECマーケティング人財育成 | ネットショップ事業と人材を共に育てる。

    […]  引越し屋さんの話つづき。(前回はこちら) […]

Comments are closed.