著者:石田 麻琴

(番外編)回転寿司のお客様がみんな会員カードを持てば‥ 【no.0137】

(前回のブログを読まれていない方は、まずこちらからお読みください)

 データを活用して、廃棄率75%減を実現した、スシローのデータマーケティングを解明しよう・・の第五回です。

 前回は、「お客様がどのタイミングで何を食べたか」のデータを取得することについて書きました。このデータを取得してデータ分析をすることが、回転寿司の需要予測の実現に繋がっていきます。「注文ID」や「商品ID」「回転レーンから取った時間」などの10項目を取得するデータ項目としてあげました。この10項目のデータを数千、数万、数億レコードと積み重ねることによって、より需要予測の精度があがるようにしていくわけです。

*「顧客ID」があればデータマーケティングが楽になる

 さて、今回の「データを活用して、廃棄率の75%減を目指す」というテーマですが、これは会員カードによる「顧客ID」が取れないことを前提にした、データマーケティングということで書いています。

 お客様が回転寿司の会員カードをつくり、来店のたびに会員カードを使ってログインをしてくれれば、より精度の高いデータマーケティングをすることができます。しかし、お客様に会員カードをつくってもらうために、また別のマーケティング施策を考えなければいけないので、「顧客ID」があることを前提にするわけにはいかないのです。今回のテーマについては、「すべてのお客様に対して、新規の来店か、リピートでの来店か、リピートならば前回はどんな食事をしたか」ということは「わからない」という前提で書いていっています。

 とはいえ、「顧客ID」があれば、非常にデータマーケティングが楽になります。今回は、番外編ということで、「あったらいいなの顧客ID」という話をします。

 「顧客ID」の使い方はこうです。

 まずは、回転寿司チェーンとして、全店舗統一の会員カードを発行します。既存の会員システムを使い、キャンペーンや特典、ポイントをつけてお客様を集めれば良いでしょう。ここもデータマーケティングが可能なのですが、今回のテーマから逸れるので、「なんとかして会員カードをたくさん発行する」というところに留めておきます。

 お客様に会員カードを持って来店してもらいます。テーブルに付属した注文パネルにログインすることで、来店回数や食べた皿の累計数に対して、特典をつけるなどでも良いでしょう。とにかく、会員になってもらい、会員カードを持って来店してもらい、会員カードでログインをしてもらうわけです。

*「どのタイミングで何を食べたか」のデータが有効

 お客様にログインをしてもらうと、会員カードのデータと、回転寿司チェーンのサーバーにある、顧客IDが紐づきます。そして、お客様が過去に「どのタイミングで何を食べたか」を閲覧することができるわけですね。これが、回転寿司の需要予測をする上で、非常に有効なデータになります。「来店時に必ず食べている寿司」「いままで1度も食べたことがない寿司」「来店毎に食べる皿の枚数の目安」「来店毎の店舗の滞在時間」などなどがデータとして見えてきます。ここは「構築」ではなく、「運用」のフェイズになってくるので、後程詳しく説明をしていきます。

 これがファミレスだと、会員カードを導入したとしても、回転寿司ほどは有効なデータにはなりません。ファミレスの場合は、お客様1人が注文する商品は1品もしくは2品です。その日の気分によって、シーフードパスタ、とんかつ御膳、煮込みハンバーグ、サイコロステーキ・・というように変わっていくので、回転寿司に比べてデータからの注文の傾向が取りづらいでしょうね。回転寿司であれば、お客様1人あたりの注文のレコードが多いため、「これは絶対食べる」「これは絶対食べない」が読みやすいと思われます。

 つづきはこちら