著者:石田 麻琴

高校のとき生徒に授業をバカにされた先生がいた。しかしその授業の本質は・・【no.0547】

 もう20年近く前のことなので記憶があやふやなのですが、高校1年生のときちょっと変わった授業をする先生がいました。もう60歳に近い、お爺ちゃんの先生だったと思います。ほとんどの先生の名前は覚えているのに、この先生の名前は忘れてしまいました。仮にA先生とします。

*A先生の授業はどんなスタイルだったのか

 A先生は社会か物理かどちらかの先生でした。この先生の授業は授業というよりもテスト。毎回、授業開始と同時にテスト用紙が配られ、最初の30分くらいをかけて僕ら生徒が問題を解きます。残りの時間がA先生による解答・解説という感じでした。

 生徒側の僕たちには「はぁ?なんだこの授業。授業じゃないじゃん。テストじゃねーか」と不満がたまっていきました。しかもA先生が用意するテストは市販の問題集を拡大コピーしたようなもの。日を追うごとに「コイツもしかして楽してるだけじゃねぇのか?」という雰囲気になってきました。学年がスタートした4月からGW明けくらいまでは真面目に取り組んでいたのですが、次第に授業中にA先生をイジって、バカにするようになりました。

 そんなとき事件がおきました。6月くらいだったと思います。生徒の数人が自宅で親御さんに「A先生の授業って問題集のコピーだよ。なんだよあれ。いいのかな」と告げ口をしたのです。それが保護者会で問題になりました。おそらく保護者たちが担任に強く言ったのでしょう。なんとA先生は1学期末をもって授業の担当を降りなければいけないことになったのです。(しかもその後、辞職されたらしい)

 最後の授業(保護者会のすぐ後)、A先生は真っ赤な顔で教室に入ってきて、「誰だバカヤロー!クソー!俺の授業を踏みにじりやがってー!」と発狂したように怒り続けました。その姿を15歳だか16歳だかの僕らは「ざまーみろ」とばかりに笑いながら見ていたのですが、いまでは申し訳ないことをしたと思っています。A先生にとっては35年以上培ってきた教育観を否定された気持ちだったでしょう。

 今になって思うのですが、このA先生の授業スタイルはある種正しいのではないかと思うのです。

*「毎回テストをし続ける」ことの価値

 当時はなぜ毎回テストをおこなうのかまったく意味がわからなかったのですが、社会人になって仕事を始めてからその意味がわかった気がします。自分の実力を上げるための一番のレベルアップの方法は「テストをし続ける」ことなのです。これは、仕事でも勉強でも変わらない人生のセオリーのような気がします。

 テストをする。解答を聞いてできた問題とできなかった問題に分ける。解説を聞いてできなかった問題がなぜできなかったのかを確認し復習する。またテストをする。できた問題とできなかった問題に分ける。2回以上できないことが続いた問題は別で管理をして特に強化をする。そしてまたテストをする。(以降、永遠ループ)

 これを繰り返していけば、できる問題をできるようにし続け、できない問題を少しずつできるように変えることが可能になります。受験勉強の必勝パターンのひとつかもしれません。このようなテストをひと学期に中間テスト・期末テストの2回、年間6回おこなうよりも、毎回テストをおこなうことにより年間数十回(授業が週1回だったか週2回だったか忘れた)トライアンドエラーを繰り返していく方が実力に繋がりやすいわけです。A先生はこの考え方を授業に活かしていたのではないかと、そう思うんですね。

*「毎日テスト&毎日成果検証」が成長を加速させる

 仕事も毎日がテストの繰り返しです。毎日がテストの繰り返しでなくてはいけません。日本でもっとも有名な経営者である通信会社のSさんは、起業直後、早い段階で毎日決算の仕組みを整えていたといいます。やっぱり「毎日テスト&毎日成果検証」が人の成長も事業の成長も加速させるのかもしれません。

 弊社のコンサルティングは「データをとって、毎日カイゼン」をモットーにしています。A先生に謝りたい気分です。考え方は結局一緒でした。20年が経ってやっとわかったことです。