著者:石田 麻琴

インターネットの活用を会社全体の課題と捉えないと、ネットは「失敗」します。【no.1164】

 インターネットの活用を会社全体の課題と捉えないと、ネットは「失敗」します。

 たまにいただく相談があります。「すいません。うちの会社のホームページのコンサルティングをしてもらえませんか?」というようなもの。そして、「うちのネットショップの楽天市場店のコンサルティングをしてもらえませんか?」というものです。

 もちろん、悪気があってコンサルティング範囲を限定しているわけではないでしょうし、逆に「ここをぜひお願いします!」「ここはお任せします!」と言ってくれているわけですから、これらの相談に否はありません。ただ、これかの経営にインターネットをより活用していくならば、それは「ホームページの~」「楽天市場の~」ではなく、会社全体として「WEBサイトをどう使うか」を考えた方が良さそうです。

*サイトの更新は全体戦略やスケジュールと連動する

 ちなみに、上記のような相談を受けた場合、「インターネットの活用は、今後会社全体の課題になる」ことを伝え、理解してもらうこともECMJの大切な仕事なわけですから、経営者や事業責任者の方とよくお話した上で、コンサルティングのご依頼を受けています。よくよく伺うと、やっぱり悪気があるわけではありません。

 インターネットの戦略とは、WEBサイトをどうやって構築するか、WEBサイトにどうやってSEO対策をほどこすのか、またWEBサイトのデザインやビジュアルをどうするか、だけではありません。そして、構築やSEO対策やビジュアルを変えたとしても本質的にはその成果が上がるわけではありません。大切なのはWEBサイトの更新をしていくことです。そして、そのWEBサイトの更新とは、会社全体の戦略やスケジュールと連動していなくてはいけません。

 たとえば、会社のサービスを展示会に出展するとします。展示会に出展する旨は、やはり事前にWEBサイトにその情報を載せておきたいところです。また展示会への出展終了後も、展示会当日の様子やお客様からいただいた感想などをレポートしてWEBサイトに掲載したいところです。サービスへの信頼や導線も強化されることでしょう。

 また営業が現場でお客様に質問を受けることは、お客様が事前にインターネットで課題解決の情報を検索している可能性があります。質問内容とその回答をまとめ、WEBサイトに専用のページを作成して定期的にアップするのもひとつの手です。現場でお会いできるお客様だけではなく、インターネット上のどこかにいる潜在顧客にもリーチすることができる可能性があります。

*事務所の片隅でヒソヒソおこなうものではない

 ここで例として挙げた「展示会の情報を掲載する」「現場の課題解決を拾い上げる」はインターネットの担当者ひとりだけでできることではありません。また、WEBサイトの構造をちょこちょこイジることで実現できることではありません。展開をしていくためには、会社全体の戦略やスケジュールや詳細な情報が必要になります。

 お客様が何かの課題を持ってからサービスを利用するまでの過程の中で、必ず1度はインターネット(=WEBサイト)を経由する時代です。インターネットの活用について考えれば考えるほど、社内のインターネット担当者が事務所の片隅でヒソヒソとひとりでおこなうものではないことがわかると思います。インターネットの活用は、会社の各部門の精鋭メンバーが集まっておこなうことをオススメします。あくまでそれをWEBサイトに具現化することが、インターネット担当者の役割です。

 インターネットの活用を会社全体の課題と捉えないと、ネットは必ず「失敗」します。