著者:石田 麻琴

1月4日をお休みにしたか否かで、従業員満足度が相当変わる気がする。【no.1220】

少し前の話になりますが、

年末年始のお休みはいつからいつまででしたか?

2016年の年末―――は、28日が最終営業日で29日からがお休みだった会社が多いかなと思います。年末に営業がある会社さん(例えば実店舗とか)でなければ、29日からお休みパターンが通常だっただろうなと思います。問題は、年始です。

2017年は元旦が日曜日でした。なので暦的には2日が「振替休日」ということになります。3日までがいわゆる「正月三が日」なので、ここまでが休みというのは特別な会社さんでなければ普通かなと思うのですが、はたして「1月4日」はお休みだったでしょうか?

サラリーマンの方は、自分の会社が1月4日、お休みだったか、経営者の方は、1月4日をお休みにしていたか、を思い出してみて下さい。で、1月4日をお休みにしていたか否かで「従業員満足度」に大きな開きがあると思うんですよ。今日はそんな話。

いや、まあね。いままでもそうだったからとか、三が日休みだったから4日からは当然だろうとか、4日は社長の挨拶だけだから終わり次第帰らせたぞとか、いろいろあると思うんですよ。でも、4日を出勤日にしたからって、そんなに売上は変わりますか?という話です。

4日から出勤するためには従業員のみなさんは3日の夜までに自宅に帰ってこなきゃいけない。3日の渋滞30キロに耐えたり、新幹線の乗車率200%に耐えたりして自宅に戻ってくるわけです。もしくは、3日に戻ってこなきゃいけないから海外旅行も行けない(費用が高いので)。そんなこともあるはずです。4日の出勤のために、それなりのストレスを抱えるんですね。それで、翌朝社長の挨拶だけ聞きに行くって・・。

私は3日から4日にかけて家族とホテルに泊まったんですが、3日の泊まりは通常料金でしたし、高速も全く混まなかったのでノーストレスでした。4日の午前に帰宅して、少し会社に寄ってから、夜の予定まで上野をブラブラしていたのですが、正月休み最終日を昼から友達と飲んで過ごす人と、4日から出勤の背広組とのテンションがまったく違っていて―――4日を休みにするか否かは、ただの1日の話じゃないなと。

今日のコラムを読んでくれている中に経営者の方がどれくらいいるかわかりません。1月4日から出勤だった会社さんがどれくらいあるかもわかりません。もし、1月4日を新年初出勤の日にしていて、しかもそれが「社長の挨拶」だけのためとかだったら、お休みにしといた方がよかったかもなーと思います。従業員満足度、が全然違う。

まあ現実的に1月4日をお休みにするのは難しかったのかもしれませんが、「4日をお休みにしたらどうかな?」「4日をお休みにしなかったらどうかな?」の検討をするくらいの「気遣い」ができれば欲しかったところです。そのちょっとした「気遣い」が「もっと仕事を頑張ろう」とか「もっと社長をサポートしたい」とか、何かトラブルがあったときのひとつの「支え」になると思うんですね。言い方が悪いかもですが、ひとつの「貸し」みたいな。

この「気遣い」って「4日のお休みどーのこーの」とかって話じゃなくて、年末年始の休み中に仕事のメールを送らないとか、やむなく送るなら「年明け(ひと段落ついたら)でいいよ」とひと言加えるとか、様々な部分に見受けられるところではあります。どれも根本的な問題は、この「気遣い」に集約されるんですけどね。自分にも、きちんと自己を客観視して省みたいところです。

おわり。

1コメント

Comments are closed.