著者:石田 麻琴

「訴求力」を深く理解する上での重要ポイントとは!?【no.1267】

前回はこちら

「すいません。『訴求力』って・・何ですか?」

突然、七海さんがいいました。自分の話をウンウンと聞いていたので「理解してくれている」と麻間(あさま)さんは勝手に思い込んでいたのでした。

「あー、そうですね。まずは『訴求力』の説明をしなければいけませんね。

『訴求力』というのは伝えたいことを相手が納得するように伝える力

のことです。

たとえば、七海さんが街を歩いていたとして、後ろから『そこのあなた!』と声をかけられたら振り向きますか?」

「うーん。どうですかね。周りに私以外の人がいなくて、多分私のことだなーと思ったら振り向いちゃいますね。あーどうかなぁー、もしかしたら10%くらいは自分のことかなって思っちゃうかも」

「じゃあ、『そこのあなた!』じゃなくて、同じように後ろから『七海さん!』って声をかけられたら振り向きますか?」

「それは間違いなく振り向きますね。だって私、『七海』だもん」

「簡単にいえば、これが『訴求力』というものです。じゃあ、七海さん、後ろから『友花里さん!』と声をかけられたら振り向きますか?」

「あー、自分のことじゃないのはわかってるけど、『友花里』って名前は私にとって馴染みがある名前だから、振り向いちゃうかもしれない。これも『訴求力』が強いってことなんですかねぇ」

「じゃあ、最後の質問です。『加奈さん!』って後ろから声をかけられたら?」

「それは完全に振り向かないですね。私『加奈』じゃないし、『加奈』って仲がいい友達もいないし」

麻間さんがホワイトボードにサラサラと文字を書きました。

「まとめると、七海さんに声をかけるときに訴求力が強い順は『七海さん!>友花里さん!>そこのあなた!>加奈さん!』ってことですね。七海さんには『七海さん!』と声をかければ振り向いてくれるわけだ。インターネットの広告文もこれと同じ要領で考えていくんです。そうすればより『訴求力』の高い広告文ができます」

七海さんが「なるほどー。そういうことでしたか」と感嘆の声をあげました。

「ここでもうひとつポイントがあります。友花里さん。友花里さんは『七海さん!』と声をかけられたときと、『友花里さん!』と声をかけられたときで、どちらの方が確実に振り向きますかね?」

「えー、同じ質問ですか。というか、逆の質問ですか。当たり前ですけど、私は『友花里さん!』って呼ばれたら確実に振り向きますね。でも、七海と一緒で『七海さん!』って声が聞こえたら『あれっ!?七海近くにいるのかな?』って周りを見回しちゃうと思います」

「ということは、ですよ。七海さんの場合の訴求力が強い順は『七海さん!>友花里さん!>そこのあなた!>加奈さん!』こうだったんですけども、友花里さんの場合の訴求力が強い順は『友花里さん!>七海さん!>そこのあなた!>加奈さん!』の順番になるってことですね?」

麻間さんがホワイトボードに同じようにサラサラと文字を書きます。友花里さんがいいました。

「いや、私『加奈』っていうメチャクチャ仲がいい友達がいるんで、その子は七海と同じ感じで振り向くと思います。だから『友花里さん!>加奈さん!=七海さん!>そこのあなた!』。こんな感じになるんですかね」

友花里さんがホワイトボードに書かれた図を書き変えました。麻間さんがいいました。

「おー、なるほど、そうなんですね。七海さんの場合『七海さん!>友花里さん!>そこのあなた!>加奈さん!』、友花里さんの場合『友花里さん!>加奈さん!=七海さん!>そこのあなた!』、この違いが『訴求力』を深く理解する上で重要なんです」

つづきはこちら