著者:石田 麻琴

ネットショップの利益率はこうやって決まっていく【no.1339】

 ネットショップの利益率はいかほどになるのか。

 ネットショップの利益率は、ネットショップで取り扱う商材やネットショップを開設するプラットフォームやネットショップの販売戦略によって異なります。今回のコラムではネットショップの利益率を考える際のポイントと、利益率を上げるための考え方について解説をしていきます。

*システム利用料を考慮する。

 ネットショップで最終的にどれくらいの利益を残すことができるか。商品の販売価格から商品原価を引いた金額がそのまま利益にはなりません。商品原価の他にネットショップならではのコストがかかることになります。

 ひとつはシステム利用料です。ネットショップのシステムを利用するための金額、ネットショップの売上毎に課金されるロイヤルティ、クレジットカード決済の料率もシステム利用料として考えましょう。システム利用料には固定費・変動費の両方がありますが、すべてをまとめて売上の10%程を見込んでおいた方が良さそうです。

*物流費と運営固定費の考え方。

 実店舗ではお客様が購入した商品を自分自身で持って帰ってくれますが、ネットショップの場合はほぼ100%が物流のラインに乗ることになります。物流費は発送の件数ごとに金額がかかります。物流作業をしてもらうアルバイトさんも物量により必要になります。アルバイトさんの人件費も計算しなくてはいけません。

 ネットショップ事業単体としての利益率・収益性を考えるならば、ネットショップの運営を担当しているチームの人件費・オフィス賃料・インフラ代などもコストとして計上した方が良いですね。

*売上と運営効率が上がれば、販管費率は抑えられる。

 物流費と運営固定費は売上と運営効率を上げていくことで、より比率を小さく圧縮していくことができます。ここがシステム利用料との違いです。

 物流費は倉庫のレイアウトや物流のラインを整理すること、またアウトソーシングの会社を活用することで効率を上げることが可能です。また、売上に比例して運営担当者を増やさなくて良いこともネットショップの特徴です。ネットショップが成長するほど販管費率は下がっていきます。売上が5倍になったからといって、人員も5倍にする必要はありません。

*広告費率に注意する。

 システム利用料、物流費、運営固定費の他に、ネットショップの利益率を左右するのが広告費です。ネットショップの存在を知ってもらうために活用する広告費。使おうとすれば際限がありません。

 最近は広告費をあまり使わないネットショップが増えたように感じます。私がネットショップを運営していた時代は月商に対する10~15%を広告費に使っているネットショップが多いように感じましたが、現在は月商に対する5~10%のネットショップが多いのではないでしょうか。あくまで印象です。

*ネットショップで利益を出すためには。

 ネットショップ事業単体で高い利益率を出すためのポイントです。そもそもの商材の商品原価が低いこと(高く売れる商品であること)、広告を使わずにお客様に知ってもらうこと、基本的にはこのふたつです。このふたつが両立できれば高利益率を実現することができます。

 前者についてはネットショップをスタートさせた時点で半分勝負が決まっているといえます。ネットショップでどんな商品を売るか、オリジナル品か仕入れ品か、自社が足を踏み入れた市場である程度利益率が決まります。後者については実店舗やメーカー、ブランドとしてのお客様からの「リアルでの認知」があればインターネットでの集客も有利に進んでいきます。広告を使わずにコンテンツマーケティングやSNSを活用するという手もあります。

 Eコマース事業で株式公開をした会社でも、ふたを開けてみれば最終利益が5%しか残らない・・というのが普通の市場です。安くつくって高く売れる商品を開発できたり、リアルでのブランド認知があったり、実店舗と在庫が共有できたりする会社がネットショップの世界でも有利なことは変わりありません。