リアルの広告は「スマートフォン」と「SNS」を意識して効果を上げる【no.1465】

 広告の費用対効果を考えるとき、これから大切なのは「スマートフォン」と「SNS」への対策です。特にリアルの広告を活用する際には、「スマートフォン」と「SNS」を意識すればその効果が何十倍、何百倍に跳ねる可能性があります。

*広告の価格はどうやって決まるか。

 広告の費用対効果を考えるとき、広告の価格はどうやって決まっているかを考えることが大切です。想定できるのは広告を閲覧する「人の数」でしょう。

 リアルの広告、たとえば電車の中刷り広告を考えた場合、その価格は広告を掲示する場所と閲覧する人数で決定していると考えられます。テレビやインターネットなど、他の広告媒体があるとはいえ、電車に乗らない時代になったわけでもありませんから、電車の中刷り広告の価格はそれほど変わっていないのかもしれません。

*広告の費用対効果はどうやって決まるか。

 広告の価格の原理を考えた上で広告の費用対効果について考えてみます。

 基本的に広告の費用対効果は、広告の閲覧に対して「自社の商品が実売につながっているか」ここで判断できれば理想ですが、厳密に数値管理をすることはなかなか不可能です。「自社の商品のイメージアップに繋がった」「自社の商品の認知度アップに繋がった」くらいであれば特にリアルの広告は合格点でしょう。やはりどれくらいのユーザー(候補)が広告をみてくれたか、それが費用対効果につながっています。

 電車の中刷り広告を広告が掲示された車両に乗っている乗客がみるだけならば、広告の費用対効果は「乗車人数」とイコールになってしまいます。これだと「広告費=乗車人数」という、広告の価格分のリターンしか得られません。

 ところが、広告について「乗客が自ら調べ」たり、「乗客が拡散し」たり、してくれたなら広告の効果は広告価格の何倍、何十倍、何百倍になります。リアルの広告にチャレンジするならば、ここを狙いたいところです。

*広告にスマートフォンが果たす役割。

 東京ドームのオーロラビジョンの真横に「財宝」という看板があります。青バックに白抜きで「財宝」と大きく書かれているだけの広告です。「財宝」というのは鹿児島県に本社がある「天然アルカリ温泉水」を販売している会社です。この「財宝」の看板には余計な情報が一切なく、インターネットで「検索される」ことを前提にしている広告の最たる例だといえます。

 東京ドームにきたお客様、テレビで野球中継をみているお客様は「財宝」という看板をみて「何だろう」と調べるわけです。インターネット、スマートフォンがない時代ならば「なんか変な広告があった」で終わりでしょう。お客様に調べさせることによって費用対効果を抜群に上げている広告といえます。

*広告にSNSが果たす役割。

 もうひとつ無視できないのがSNSの効果です。電車の中刷り広告をみるユーザーの数は限られていても、SNSを通じて広告をみるユーザーは無限大です。TwitterやFacebook、InstagramなどのSNSにユーザーが「思わず投稿したくなる」広告にチャレンジするのはどうでしょうか。

 電車の広告というと数年前からつり革の広告(つり革の付け根が広告になっている)や車両全面プリントの広告、車輌全部をジャックした広告などが流行っています。広告の車輌にたまたま乗ったユーザーだけを対象にしてしまっては爆発的な費用対効果は望めません。写真に撮りたくなる、人に伝えたくなる広告こそ、デジタルの時代にマッチした広告だといえるのかもしれません。

 当然、広告の価格を決める側は「スマートフォン」や「SNS」の効果を加味してその金額を決めることはありません。そう考えると、「企画力」ひとつで何十倍・何百倍の効果を上げることができる面白い時代なのかもしれません。

 おわり。