著者:石田 麻琴

戦略が「組織」を決めるのではなく、戦略は「組織」で決まる【no.1528】

 戦略は「組織」で決まるのではないかと思った。「組織」で決まるということは、もっといえば「人財」で決まるということかもしれない。特に中小企業だとなおそうなのではないか、と思う。

*理想をいえば、戦略に「組織」を合わせるなのだが

 本来だと戦略というものは「組織」から離れたところにあるものだとは思う。「組織」から戦略を決めるなんてのは間違った考え方。たとえば自社のネットショップを「こういう風にしたい」「こんなコンセプトでいきたい」という戦略を立ててから、そこに合わせて「組織」を構築していくのが正しい方法だ、といわれている。

 もしも自社のネットショップを「雑誌のようにお客様に『読み深めてもらう』ネットショップにしたい」という構想をもっているのならば、文章を書くことを得意としているメンバーが必要になるだろうし、雑誌の編集の経験があるメンバーが必要になるかもしれない。もしくは戦略に合わせた人を新しくアサインできないのならば向き不向き関係なく現状のメンバーに「あなたは今日から執筆者です」と学んでもらわなければいけない。

 構想に合わせて人を採用するか、構想に合わせて人を育てるか、どちらかになる。だからやっぱり本来であれば戦略が「組織」を決めていくのがセオリーではあると思う。

*現実的には「できること」から進めるしかない

 ただ、現実的なことをいってしまえば戦略から「組織」を決めていくような勇気をもっている経営者は少ない。自分が長く商売をしてきた得意なステージならともかく、インターネットのようなまったく違う畑、まったく違う概念、まったく違うスピードの市場に戦略を設定し「組織」を決めるようなことは相当な度胸がいることになる。

 もちろん経営者だけではなくネットショップの運用を実際に担当する社員・スタッフ・メンバーも、バシッとした戦略や構想やコンセプトを提示されただけで、「じゃあ私は明日から文章の執筆者として頑張ろう」「じゃあ私は明日からWEBサイトの編集者として頑張ろう」「じゃあ私は明日からフォトショップとイラストレーターの勉強をしなくては」にはならないだろう。

 普通であれば「本当に大丈夫なんですか?」だと思う。意識が低いとかモチベーションが低いとかそういう話ではなく、ごくごく一般的な意見ではないだろうか。戦略から「組織」を決めるのは理想的ではあるが、現実問題はあくまで理想で終わる。

*「組織」で戦略を決める、から始めていく

 これまで何かしらの母体となるビジネスを続けてきていて、インターネットに新しい販路の柱をつくろうとチャレンジする事業者が陥りやすいところかもしれない。どうしても「理想」からインターネットに入っていってしまう。WEBサイト(ホームページ、ネットショップ、サービスサイト、コーポレートサイト)の制作外注などは、「理想」の塊ではないだろうか。

 だが、ご存知のとおりスタートしたWEBサイトの90%以上は成果につながらない。インターネットのマーケティングのポイントはスタートにあるのではなく、「運用」にある。どうつくるかよりも、どう変えていくかの方が大事なので、そうなると「組織」が「いま何ができるか」をしっかり見定めないと、インターネットのプロジェクト自体が出しっぱなしになってしまう。

 まずは、戦略から「組織」を決めていくのではなく、「組織」で戦略を決めていく。まずは「組織」の「できること」を着実に積み重ねていくことから始める。「勝てること」をやれるのはインターネットという業務のルーチンをつくっていくためにも、戦略を「組織」に合わせることが成功の秘訣なのかもしれない。たとえそれが戦略論のセオリーから間違っていたとしても。