著者:石田 麻琴

「ハンコ」の自販機を見ただけでわかるドン・キホーテのすごさ【no.1577】

 画像のコレ、見たことありますか?雰囲気的になんとなくわかると思うんですが、総合ディスカウントストアの「激安の殿堂 ドン・キホーテ」に置いてある「ハンコ」の自販機なんですね。

 この自販機をみただけでいかにドン・キホーテが商売が上手いか、いかにドン・キホーテが商売に頭を使っているかがわかりますよ。近くにドン・キホーテがある人は絶対に見に行った方がいいと思います。おススメです。

*板橋志村のMEGAドン・キホーテのエレベータの横に

 普通に気づかない人もいると思うんですよ。私も5回目くらいで気がつきましたから。あれー昔からここにハンコの自販機あったかなって。もしかしたら無かったかもしれないし、エレベータがすぐにきたら脇目を振らず乗り込んでしまうだろうし。板橋志村のMEGAドン・キホーテの1F総合レジを出て右側、入り口からだと左側のエレベータホールのところにこのハンコの自販機があるんですね。

 「最短10分仕上げ!!早い!!簡単!!500円~」まあ目立つところのポップはよくある感じです。ここでよく見てもらいたいのがハンコの材質の選択のところ(自販機の各々のボタンのところ)にちょこっと付け加えられているポップなんですよ。いやいや、ほんとこれだけ見ただけでいかに商売上手か、いかに頭を使ってお客様を楽しませようとしてるかって。

*どんなハンコがいいかなんて人はわからない

 正直、どんなハンコがいいかってわからないじゃないですか。それに実はハンコには用途とか「ここで使うハンコはシャチハタじゃダメ!」とかあったりしてわからないじゃないですか。そもそもシャチハタの定義だって曖昧な人がほとんどだと思いますし。つーか、そもそもシャチハタってハンコの種類の名前じゃなくて会社名ですからね。こんなことも調べてみてわかるレベルです。一般的だと思います。

 で、この自販機のボタンの部分をみてみると「どの用途に使えるか」「どの素材がおすすめか」はっきり提案してくれているんですよ。ざっと書くと、「オススメ!こだわり素材『雲入り』」「女性におすすめ!!実印・銀行印向け」「時には見栄えも必要や!!ちょっと贅沢しませんか?」「この重厚さ男心をくすぐります!『漢』の実印・銀行印」みたいな。下の方には朱肉付き!の印鑑ケースも変えるようになってるんですね。まー必要ですよね。

*「細部」にも工夫を施す。積み重ねる

 子どもながらに親が印鑑を使っている姿をみたことがあって、銀行の貯金通帳と同じところに「これは大事なものだからね」って一緒にしまってある。ハンコってそんな印象だと思うんですね。高尚な存在として認識してるんだけど、自分で作ったことはないみたいな。ちなみに私は高校の卒業のときに学校からはじめての名前入りのハンコをいただきました。記念品として。

 自動販売機でハンコを売る、ただそれだけだったら誰でもできると思うんですけど、お客様の用途とかこだわりとか、困ったり悩んだりする部分を考えて先回りして提案をしてあげるのって誰でもできることじゃないと思うんですね。いや、「頭を使えば誰でもできること」だったりすると思うんですが、誰しもが「やりきれて」いることではないと思うんですよ。

 「神は細部に宿る」じゃないですけども、ドン・キホーテは店舗の端っこに置いておくこんなハンコの自販機にも工夫をしてるってことなんですね。この工夫をしてることによってハンコの売上が2倍とか3倍になることはないと思うんですが、2割や3割は成果がアップする「かもしれない」。細部にもこんな「積み重ね」ができることがディスカウントストアの圧倒的な個性を生み出してるんじゃないかと思うんです。

 ぜひドン・キホーテのハンコの自販機、チェックしてみてください。