著者:石田 麻琴

ネットショップは店舗の比較が簡単で商品の比較が面倒。【no.1580】

 Eコマースの特徴って「ネットショップ同士の比較」が簡単なところがあるんと思うんですけど、「商品同士の比較」って結構面倒なんですよね。このふたつを理解しているとネットショップの改善がすごくシンプルになっていく気がします。

*Eコマースはショップ同士の比較が簡単

 当たり前のことだったりするんですが、Eコマースはネットショップ同士の比較をすることが簡単です。インターネットっていう仮想空間には「距離」がないですから、北海道で運営されているネットショップから沖縄で運営されているネットショップ、イスラエルで運営されているネットショップに秒で移動することができるわけです。

 これが実店舗だとしたら、北海道の実店舗から沖縄の実店舗に移動するには時間とお金がかかりますし、イスラエルの実店舗なんて一生のうちだって訪れる機会がほとんどなさそうじゃないですか。たとえばこれが東京の新宿と渋谷だって実店舗の移動には早くても15分はかかりますから、やっぱりEコマースは「ネットショップ同士の比較」がめちゃくちゃ簡単なんですね。

*お客様は他のネットショップに簡単に移動してしまう

 逆にいってしまうと、お客様は北海道のネットショップにも沖縄のネットショップにもイスラエルのネットショップにも簡単に移動してしまうってことです。これも当たり前のことのように理解しているけれども、ネットショップの具体的な改善策とかっていう「現場」に置き換えるとなかなか行動につなげることができていない部分。特に実店舗とか卸・問屋とかリアルビジネスをベースにしてきた会社さんがネットに取り組むと特に。

 お客様が何か商品をネットショップで買いたいと思う。運よく自社のネットショップにアクセスしてくれたとしてお目当ての商品だったりお目当ての買い方(セットとかまとめ買いとか)だったりが見当たらなかった(気づかなかったも含む)とする。そこでお客様はネットショップに「こういう商品ってないですか?とか、こういう買い方はできないですか?」って問い合わせをしてくれるかというと、しない。

 なぜかというと、Eコマースは「ネットショップ同士の比較」が簡単だから。自分のお目当ての商品やお目当ての買い方に対応している他のネットショップを探しにいってしまうだけ、なんですね。だから、ネットショップのマーケティングには「わからなければお客様が聞いてきてくれるはず」なんて選択肢はない。

*Eコマースは商品同士の比較が面倒

 Eコマースはネットショップ同士の比較が簡単なんですけれど、商品同士の比較がけっこう面倒なんですね。これを理解することもネットショップの改善活動を考える上での判断になってくるはずです。Googleショッピングとかショッピングモールとかに「一番安い商品」を探してくる機能はありますが、あれは「一番安い商品」を探しているのではなくて「一番安いネットショップ」を探しているので「ネットショップ同士の比較」なんですね。

 たとえばスーパーの調味料コーナーとかアパレルショップ(実店舗)とかを思い浮かべてもらえればわかりやすいと思うんですが、同じような規格の商品や色違い形違いの商品がたくさん並んでいて「あっあれが良さそうだ!」って感覚的に商品に寄って手に取ることができると思うんですね。ネットショップってあれができない。商品ページを1ページずつ見なきゃいけないし、商品一覧のページを上から1つずつポチポチ確認しなくちゃいけない。

 まあこのあたりはお客様の側もすでによくわかっていてそれに合わせた使い方を自然にしてくれたりするんですけども、レコメンド機能やおすすめ商品機能は一定の数字が出ていますし、さあ「商品同士の比較」の面倒さをどうやって解消しましょうかね。