著者:石田 麻琴

販売スケジュールを立ててお客様の「リズム」をつくる。【no.1583】

 ネットショップの販売スケジュールについて考えていきます。

 ネットショップは好きなときにできるときに余裕があるときにサイトを改善したり、コンテンツを追加したりしてもちろん構いませんが、販売スケジュールを立てて計画的に販売戦略をスケジューリングしていった方が良いかと思います。ネットショップ側としては成果の検証がしやすくなりますし、お客様側としては購買のリズムをつくることができます。

*販売スケジュールを立てるためのふたつの軸

 ネットショップの販売スケジュールの軸になるのは「新商品の追加」か「販促企画の開始」のいずれかです。ネットショップに新しい商品を出すか、キャンペーンなどの販促企画をおこなうか。「お客様にネットショップを楽しんでもらう仕事」のふたつです。

 まずは「新商品の追加」です。販売スケジュールとして新商品の発売日を決めます。このとき発売する新商品がすでに用意されている場合と新商品をこれから開発する「商品企画」これから仕入れる「商材開拓」の場合のふたパターンがあります。後者のこれから「商品企画/商材開拓」をする場合は新商品の発売日から逆算して「商品企画/商材開拓」の期間を取らなければいけません。

 たとえば「商品企画」の期間が新商品発売日に被ってしまっている場合は販売スケジュールが成り立たないことになります。

*新商品がすでに用意されている場合

 通常のネットショップだと新商品すでに用意されていたり、販売スケジュールと別のラインで商品企画のスケジュールが進んでいたりします。サンプルがあるもしくはサンプルが入る予定である商品を販売スケジュールに入れ込んでいきます。新商品の販売スケジュールが決まると、以下の仕事が決まります。

◆在庫確保、在庫発注、在庫製造の期間
 商品によっては在庫や素材を確保しなければいけなかったり、ロットの発注をかけなければいけなかったりします。発売日が決まってまずおこなうのは「現実的に商品をその日に用意できるか」です。

◆商品の撮影、商品ページの制作
 商品の画像を撮影します。商品そのものだけを撮る「物撮り」だけであれば間違いなく発売日に間に合いますがアパレルのモデルさんの着用画像や食品の調理画像などのコンテンツを加える場合は調整が必要です。撮影後の画像加工、商品説明文の作成、作り込みページのコーディング、商品登録など含めてスケジュールをしていきます。

◆梱包内容の検討、バックオフィスへの周知
 新商品をお客様に発送する際の梱包方法や封入物に注意事項はあるか。同梱できない商品、段ボールのサイズなどの設定もおこないます。また販売スケジュールは意外とバックオフィスのメンバーに周知されていなかったりするものです。新商品の発売日はもちろん特徴や在庫追加状況などを共有しておきましょう。お客様からの問い合わせで「こんな商品発売されたなんて知らなかった!」とならないように。(販促企画でこれがあると大変です)

*販売スケジュールに集客戦略を当てる

 新商品の発売や販促企画の開始に合わせて「集客」をぶつけます。メールマガジンやブログ・ソーシャルメディアなどの無料のツール、もしくはリスティング広告やアフィリエイトなどインターネット広告をあてることで売上につなげていきます。集客戦略はスケジュール上、新商品の発売や販促企画の開始の後になりますが、その準備は前倒しで仕込んでおく場合もあると思います。集客の手段についても販売スケジュールに入れておきましょう。

 週に1回もしくは隔週に1回、ネットショップの販売スケジュールのミーティングをおこないましょう。季節の変わり目に被る3ヵ月~4ヵ月先までの販売予定・販促予定を一覧にして販売スケジュールを立てていってください。