公営競技最高の面白さ!オートレースマーケティング。1【no.1601】

 ゴールデンウィークのとある一日である。今日私はオートレース場にいる。埼玉県の川口市にある「川口オートレース」というところだ。ゴールデンウィークなのだが閑散としている。まだ第一レースが始まる前だからだろうか。しかし、これが競馬場(中央競馬ね)だったらこんなこともないだろう。

 公営競技。競馬、競輪、競艇(ボートレース)、オートレースの4つのうち、最も瀕死の状態なのはオートレースだといわれている。一昨年だか船橋オートレース場が閉鎖となった。以前は浜松オートレース場が閉鎖を検討されていた。飯塚オートレース場はとっくに赤字だが「文化として」オートレース場を継続しているといわれている。山陽オートレース場・伊勢崎オートレース場も良くはないだろう。(直近の経産省のデータでは黒字化しているとのことだが、現地のお店が軒並み閉店していることはどうなのか・・)

 そしてもっとも売上があるといわれている川口オートレース場でもこんな状態・・。私は悲しい。

 以前、連載シリーズで競艇のマーケティングについて書いた。同じく市場縮小が危ぶまれているゴルフ場のマーケティングについても書いた。まだ黒田選手が戻ってくる前、強くなる前の広島カープのマーケティングについても書いた。そして今回、オートレース場のマーケティングを書いていきたいと思う。

 私の寿命があと何年かはわからない、いつ仕事を終えるのかもわからないが、数十年後もオートレース場でのんびりレースを楽しめることを祈って―――。

*オートレースを知ろう!その魅力とは

 オートレースというのは、想像されているとおりバイクです。競馬が馬、競輪が自転車、競艇がボートでレースをするのにたいして、オートレースはバイクでレースをおこないます。一部の例外を除いて、基本的には8台ですね。8台でレースをします。

 競馬は同じスタートラインからよーいドン、競輪も同じスタートラインかよーいドン、競艇は同じスタートラインに向かって加速をつけて突っ込んでいくという形式なんですが、オートレースには「ハンデ」というものがあるんですね。競馬、競輪、競艇はレベルが近い選手(お馬さん含む)同士が競争するわけですが、オートレースは強い選手も弱い選手も新人レーサーもハンデをつけて一緒に走るんですね。

 ここがオートレースの魅力のひとつになっています。ハンデをもらっている前の選手が逃げ切るのか、それともハンデをかけられている実力者の選手が追いつくのか。3,100mのバンクを6周(4,100mや5,100mのレースもある)して、順位を競うんですね。うちの奥さんは「赤坂五丁目ミニマラソン方式」といっていました。たしかにその表現わかりやすいかも。まあオートレースのハンデは時間ではなく「距離(m)」ですが」

*他の公営競技と比べたときの感想

 私はけっこう勝負事が好きでして、競艇マーケティングを書いていたとおり競艇もみます。20代の前半は競馬にはまっていた時期もあります。ギャンブル的賭け事には向いていないのがわかっているので(友達を連れていくと友達は当たり自分は当たらない)お金はあまり賭けないのですが勝ち負けのスリルが好きなんですね。

 オートレースのハンデと後ろからスイスイ抜いていく感覚はハマるとハマります。競艇は1周目の1コーナーでほぼ勝負がついてしまうのでドキドキの時間が少ない。競馬と競輪もハイライトはラストの10%ですよね。その点オートレースは6周回楽しめます。あとは、これはオートレース場にこないとわからないことなんですが、バイクがめちゃくちゃキレイです。裸んぼうなので見た目はダサいですが、バンクに映えるんですよね。

 あと良くいわれるのが「バイクの音がいい」というものなんですが、個人的にはバイクのらないですしそこまででもないかなと。オートレース協会の方、すいません。