70%を80%にするより、土台を上げて数字を大きくする【no.1627】

 「70%を100%続ける」ことが大切・・なのではないかと、ECMJコラムで何度か書きました。私自身この「70%を100%続ける」という言葉を標語としてパソコンやトイレに貼っていたほどです。やっぱり「100%を70%続ける」じゃ周りに迷惑がかかると思うんですね。

*ECMJコラムも「70%を100%続ける」

 昨日のコラムで「ECMJコラムを続けたことで得られたもの」を書きました。もしもコラムに「100%」を求めていたとしたら続けることはできなかったと思います。ECMJコラムも「70%を100%続ける」の気持ちで取り組んでいます。

 自分としては決して納得のいくコラムばかりではありません。コラムのネタが思いつかない中でも何とか絞り出して書いていることも結構あります。ただ「続ける」ことは「100%続ける」ということですから、「100%を70%続ける」ようにはできません。

 ここでポイントになるのは、ネタに苦しんでも自分として納得できなくても体調が悪くても雨が降っても槍が降っても「70%」にもっていくベースができているか、ということだと思うんですね。

*70%の判断は下地とテクニックで何とかなる

 私自身、コラムを書く人間としてもコンサルタントとしても人間としても修行中の身なのではっきり言い切ることはできませんが、自分の実力の「70%」を出すならば下地とテクニックでなんとかなるのではないかと思います。時間をかけたからといって必ずしも「100%」に近づけるというわけではなく、課題に瞬発的に反応した判断と1日で考え抜いた判断の差は数パーセントなのではないかと。

 下地とテクニックによって「70%」が出せるならば、そこに時間を加えて「5%、10%」の上澄みを加えるのはあまり意味はなく、「70%」の判断を何度も何度もスピーディーに回していくようにすればいいわけですね。判断が「70%」なのか「80%」なのかはどうでもよくて、むしろ大切になってくるのが「何の70%なのか?」というところではないでしょうか。

*「実力」を上げ続けて70%の値を上げる

 たとえば自分の実力が100だとしたら、瞬間的に判断をした70%で70の実力が発揮されることになります。1日2日考え抜いた上でその判断が80%85%になるとしたら80の実力、85の実力が発揮されるわけです。

 でももしも自分の実力が150だったとしたら。瞬時の判断で70%の力が出せるならば105の実力を発揮できることになります。1日2日悩んで80とか85の実力を出せていた頃と比べても、瞬間的な判断が勝っていることになります。なので、大切なのは「70%を100%」に近づけることではなくて、何に70%をかけるのか、土台になっている「実力」を上げることが大切だということですね。

*では何が土台の実力を上げるのか

 最後に問題になるのが、どうやって土台の実力を上げるのかということです。先の例であれば、同じ70%でも実力が100なら70、150なら105、200なら140、1,000なら700というように瞬時の判断で発揮できる力が上がっていくわけです。

 まあこれは私もわかってなく申し訳ないのですが、土台の実力を上げるためにはそもそもの「判断する回数」を増やすのが良いのではないかと考えられます。逆説的ではありますが、瞬時の判断で成功した経験と失敗した経験、70%が発揮できた経験と50%しか発揮できなかった経験を積むことで自分の「土台の実力」が100から105、105から110と少しずつ上がっていくのではないかと。仮説ですが。

 月並みな結論で申し訳ないのですが、やっぱり「行動」するしかないということです。それもできるだけ早く「行動」を回して仮説検証していくこと。自分が知っているところで世界が回っているのではなく、自分の知らないところで世界は回っています。あー、自分自身に聞かせたい話だわ。