著者:石田 麻琴

余計な先を見ない。「いま」に集中して生きる【no.1648】

 少し前に引退されましたがボクシングの元世界チャンピオンの山中慎介さんの言葉で「先を見ない」というものがあるんですね。

 次の試合に勝ったらビックマッチができるかもしれないとか、連続防衛記録がどこまで伸ばせるだろうかとか、あと何戦かしたらアメリカで試合がしたいとか、どうしても先のことを考えてしまいがちなんだけれども、まずは目の前の試合に集中する。一戦一戦が勝負なので、頭の中をそれだけに集中させていく。

 おそらくこの言葉の真意の部分は「一戦一戦が勝負」というところだけじゃなくて、試合に至るまでの「一日一日」に集中し続けることが大切だと伝えているような気がするわけです。毎日目の前の「やるべきこと」に集中する、そして「一日一日の自分」から逃げない。これを積み重ねた上で試合があり、世界チャンピオンになり、連続防衛記録があると。

 そう考えると「先を見ない」というのはメチャクチャ奥が深くて、なおかつ徹底し続けることが非常に難しいことなのだなと思います。普通の人間だったら、過程の途中があいまいになりそして結果もあいまいになり、何のかの理由をつけて自分を整理して次の新しい目標に向かっていってしまう。世界チャンピオンになれるかどうかは「一日一日を積み重ねられるかどうか」たったそれだけなのかもしれません。

 「先を見ない」という言葉を聞いて、もうひとつ思い出したことがありました。

 何年か前の話なのですが、私の奥さんの職場にどうしてもソリが合わない人がいたようなんですね。まあ客観的にみればお互いにそれなりの問題があったり、たぶん何かのきっかけで解消するような問題だったりするのですが、そこは人間関係、考えれば考えるほど深みにはまってしまって、その人に会うのが嫌になってしまいます。

 「今日はこういうことがあって困った。嫌な思いをした」ということを夕食のときとかよく聞かされていましたし、週末も日曜日の夜になると「明日また会わなきゃいけないのかー、おっくうだなぁ」というサザエさん症候群状態になっているわけですね。

 私は偉そうに説けるような人間でもないのですが、同じようなことは誰しもあるし、当然私もよく経験していますし、いまだに上手くいかないことやイメージがつかないことがあると突如として不安感が襲ってくることがあります。その不安感や嫌悪感みたいなものは避けられないとは思うんですが、一歩引いた自分を持ち、自分自身に「悩むべきときに悩めばいいんだよ」「いままでもそう考えながら進んできたよね」のふたことを言ってあげると、かなり気持ちは変わると思うんですね。

 不安感や嫌悪感を解消するために何か具体的な、自分がやればなんとかなることがあるなら話は別です。ただ「過去と他人は変えられない。未来と自分は変えられる」じゃないですけど、いくら悩んだって解決しないようなことを悩んでも自分が楽しくない時間を過ごしてしまうだけです。たとえば職場にソリが合わない人がいるならば、職場に着く前の5分間だけ悩むようにすればいいだけです。週末の楽しい時間までをも冒してしまうのは非常にもったいないことだと思うんですね。

 「悩むべきときに悩めばいいんだよ」と「いままでもそう考えながら進んできたよね」。なんだかんだ着実に進んでいけば解決のイメージが湧いて時間が解決してくれることもあります。また、悩んでることのほとんどが実は杞憂だったりして今までも何度も同じ経験をしているはずです。こういうことの整理ができるようになるってことが「大人」なのかもしれないし、人生を楽しくいきるコツなのかも。私もまだまだなので修行します。

 「先を見ない」ってすごく大切。厳しい意味でも楽しい意味でも「いまを大切にし続けること」なんですね。