著者:石田 麻琴

「期待」「依存」「嫉妬」感情をコントロールする自分をつくる【no.1773】

 人間の感情は「期待」と「依存」と「嫉妬」の3つによって成り立っているのではないかと思った。

 喜怒哀楽みたいなのはもちろんあると思うのだけど、それは一時的や一定期間のもので、「期待」「依存」「嫉妬」は場合によって自分の中で継続していく。そしてこの、「期待」「依存」「嫉妬」の3つの感情を自分自身で客観視し、そこに自ら対策をできるようにすることに生きるためのヒントがあるのではないかと考えた。

 もしかしたら「期待」「依存」「嫉妬」以上に行動に大きく影響を及ぼす感情があるのかもしれないけれども。

*「期待」を持つから感情はマイナスに触れる

 「期待」とはやっかいな感情で、ポジティブな気持ちを一点ネガティブな気持ちにする。自分が何かの行動、アクションを起こすとき、人は「思ったとおり、もしくは思った以上の結果が出るかもしれない」と自然に「期待」をしてしまうことが多い。

 そして自分が持っていた「期待」に足りないと人はマイナスの感情を生んでしまう。やっかいなのは、この「期待」をベースにして「上振れすればプラス」の感情、「下振れすればマイナス」の感情が生まれてくることで、これは絶対評価ではなく相対評価になる。自分の「期待」が高ければ、結果が大きく出たとしてもマイナスの感情を生んでしまうことも多々ある。

 本来、行動をして「結果が出なかった」というのは「プラスマイナスゼロ」であり、何かしらのノウハウや経験が残るだけ「多少はプラス」であるはずなのに、「期待」の感情がマイナスを生み出し、人間の行動を止めてしまう。

*選択肢を持つことで「依存」から抜け出す

 一部の圧倒的に行動的な人間はともかくとして、人はいま自分の持っているものや置かれている環境の中で最大限の充実をつくっていこうとする。周りの人間に感謝をすることや、周りの人間と良い関係をつくることは結構なのだが、この気持ちが過剰になると「依存」の感情が生まれてくる。

 「依存」の感情は視野の狭さから生まれてくる。「自分の目的を叶えるためにはこの方法しかない」という「依存」から抜け出すためには当然ながら視野を広くする必要がある。当たり前ながら何らかの目的を達成するための方法がひとつだけしかないということはないわけで、「依存」の感情を感じたらアクションを自分に貸し選択肢を広げることで抜け出すことができるようになる。とにかく「人に会う」のが良いと思う。

 この「期待」と「依存」は近しい関係であり、「依存」が「期待」を大きくさせる。ただ「期待」の対象は大きな「期待」を受けていることがわからないので、多くのケースで期待を裏切ってしまうことになる。「依存」は知らないところで人間関係を傷つけることも。

*「嫉妬」の感情を無くするのが難しい

 「嫉妬」はなかなか離れることができない感情であり、ついつい「人と自分を比較して」しまう癖が私自身も治らないでいる。特にソーシャルメディアで「隣の芝生は青く見える」が日常化している時代であるから、この「嫉妬」の感情をおさえるのは非常に難しくなっているといえる。ソーシャルメディアは「リア充」を掲載するものであり、裏側に様々な苦労があるのだが、どうしても表ばかりを見てしまう。

 「期待」や「依存」とは違い「嫉妬」にはスマートな対処方法がない。多少強引にはなるが、「自分が嫉妬の感情を抱きやすいヒトやコト」の情報を遮断するのがひとつの方法であると思う。また、まずは「人と自分を比較している」状態に自分自身で気づくこと、自分の身の回りの人や環境などに感謝し「自分の大切なもの」を常に心の中においておくことによって、感情をコントロールすることができるのではないだろうか。

 「期待」「依存」「嫉妬」これらいつまでもお付き合いする課題とは、うまく付き合うコツが必要そうだ。