著者:石田 麻琴

大人になって気づいた「ヤクルト」のすごさ!!!!【no.1948】

 いや「ヤクルト」って本当にすごいなって思って。ヤクルトあるじゃないですか。飲むヤクルト。めぐりめぐるとヤクルトスワローズってすごいなって結論にもいきつくんですが、まずは飲むヤクルトすごいなって。

 少し前からヤクルトを毎日飲んでるんですね。なぜ飲むようになったかというと、友達が「ヤクルトを飲んで寝つきが良くなった」みたいなことをいってたから。わたしは超寝つきよし人間(布団にはいって5分で寝る)ですし、「寝つきが良くなった」の科学的根拠も不明ですし、さらにいえば友達が飲んでいるのは「ヤクルト1000」というコンビニとかスーパーとかではあまり販売していないもので、わたしが飲んでいるのは「ヤクルト200」なので少し違うのですが、毎日飲むようにしています。(たぶん1000とか200とかってのは乳酸菌の数?の違い。詳しくはヤクルトさんのWEBサイトへ)

 それでですね。スーパーでヤクルトを買うようになってから気づいたことなんですが、ヤクルトって類似商品がいくつか出てるじゃないですか。よく見るとそのスーパーのPB商品みたいなヤクルト・・いや乳酸菌飲料も出てるんです。わたし自身は「こっちでもいいか」みたいなのもあって、PB商品の方を選んでいた時期もあるんですが、結局なぜだかヤクルト200の方に落ち着いて、買い続けています。ちなみに1日3本くらい飲む&家族も飲むので、1日で5本くらいは消費をしています。

 ここからがポイントなんですが、スーパーで売っているヤクルト200と類似のPB商品って、価格が全然違うんですよ。ヤクルト200が10本入りで430円くらいなんですが、PB商品の方が10本入り150円くらい。3倍まではいかないんですが、2.8倍以上の価格です。これだけの価格差をつけられるということは、ヤクルトさんは商品力とブランド力に圧倒的な自信があるってことなんだと思うんですね。これは商品価格っていうものは「市場相場が決める」という面がある一方、「自分たちで決められる」ということを証明している実例です。「市場相場が決める」ならば、PB商品が出た途端に価格をもっと下げるハズだと思うんですよ。

 そしてこの価格差でも販売実績をあげることができる商品力とブランド力が、ヤクルトを販売するヤクルトレディさんやヤクルトスワローズを下支えしているともいえます。ヤクルトとPB商品のこの価格差が生み出すものって、売上じゃないですよね、利益です。ヤクルトが430円でPB商品が150円。この価格差280円のほとんどがヤクルトの「商品開発費の差」ということはないはずで、この価格差280円のほとんどがそのままヤクルトの利益(粗利)になっていると考えられます。でないと、PB商品が150円で利益出せないですからね。

 ということで、結論はヤクルトすごい。理想的な商品力とブランド力!というわけなんですが、当然最初からこれが実現できたわけではもちろんないと思います。創業して90年間継続してきた研究活動が他社との圧倒的な差になっているはずです。ヤクルトさんと同じような会社ってないですしね。唯一無二の会社といってもよいのでは。

 ・・とはいえ、大人になって仕事をしてマーケットをみるとこういうことに気づくことも多いわけで、自分が学生のときにヤクルトさんが超優良企業であることにこういった経験から気づくことができていたら人生もまた変わっていたのではないかと思います。就職活動でヤクルトさんの説明会にいく、なんて当時はまったく考えていなかったし、マスコミばかり受けていたのですが、20年の月日が経ってはたして世の中はどうなったのか、というかなんというか。人生わからないことばかりですね。