著者:石田 麻琴

コラム執筆もSNS運用も。継続のコツって何だろう?【no.1966】

 「継続のコツは?」なんてことをよく聞かれます。

 いまみなさんに読んでいただいているECMJコラムを日々更新しているので、継続するのが得意な人間だと思われているのでしょう。こういったコラム・ブログだけではなくて、SNSを活用した日々の発信も「継続できないこと」を悩んでいる方が多いような気がします。

 本日のコラムは「継続のコツ」について。

 わたし自身、元々コツコツ継続することが得意な方でありますが、逆にいえば「変化を好まない」方でもありまして、継続が得意なことが良いことなのかそれとも悪いことなのか、正直わからない部分があります。世の中的には「継続」は良いこととして評価されますが、必ずしも?という部分も頭の片隅におきつつ、「継続のコツ」について聞いてください。

 ひとつは「時間を決める」です。ECMJコラムの中でも折々で登場している時間管理術の話。その中のひとつが「あらかじめ時間を決めておくこと」であり、たとえばECMJコラムを書くという仕事(これは仕事なのか?)をあらかじめ設定しておけば、その時間にコラムを書けばいいだけなのです。これが、予定を決めておかないと「時間があるとき、余裕のあるとき、思いついたとき」にやるようになってしまう。これでは継続は難しいですよね。

 あとは「ノッているときにまとめてやってしまう」です。人って不思議なもので、やりだすとどんどんやりたくなってくるんですよね。難しいのが自分の中のエンジンがかかるまでで、一度エンジンがかかってしまうと必要以上に進むことができる。特に「コラムを書く」なんて仕事は書きだす前が億劫で億劫でたまらないものなので、一度エンジンがかかったら継続できるところまで継続することがポイントです。気分がノッているときに2本3本と書いてしまうことがほとんどです。

 ただ、気分がノッているときがあれば、いつまで経ってもエンジンがかからないときもあって、「明日でもいいか」になることがわたしだってないわけではありません。そのために、「前倒しで仕事を終わらせておく」ことを心がけています。仕事が前倒しで終わっていれば、「明日でもいいか」になったとしても「明日も期限ではない状態」を保つことができますよね。明日が期限もしくは今日が期限だとしたら、「明日でもいいか」なんては言っていられないわけです。

 そう考えると、重要なポイントというのは(ちょっと語弊があるかもしれませんが)「ヒマ」であるということで、緊急度の高い仕事に囲まれていたならば、コラムの執筆とかSNSの運用のような「大切だけどいますぐ結果が出るわけではないこと」に時間を使っていられないじゃないですか。緊急度の高い仕事をいかに減らすか、いかに緊急度の高い状態にさせないかというのが、「継続のコツ」なのではないかと思います。だって、緊急度の高いことは嫌でも継続するじゃないですか。ただ本当に継続したいことって、緊急度が低いことですよね。

 ということで、わたしなりの「継続のコツ」について紹介をしてきたわけですが、もうひとつ、つけ加えたいのが「すぐの成果を期待しない」ってことですね。コラムを書いたから、SNSを更新したから、すぐに何かが起こる、もしくは起こるのでは?みたいな期待をしていると、やっぱり継続は難しくなります。ある程度、結果ではなくてプロセスを楽しめるようにならないと継続は難しいのかもしれません。

 そう考えると、やっぱり「好きこそ物の上手なれ」というか、自分が好きなこと得意なことを「継続するモノ」として選ぶのがまず大切なのかもしれませんね。わたしは文章を書くことが昔から好きですから。ECMJコラムももう8年ほど継続していますが、到達点は意外とシンプルなところなのかも。