著者:石田 麻琴

売れまくるUGG(アグ)と百貨店の残念なシステムの話。【no.0414】

機会損失もったいないなぁ、という話(2014/11のリライト)

 うちの嫁さんが、「アグが欲しい。アグが欲しい」と言い出しまして。まあ、以前から「アグが欲しい。アグが欲しい」と繰り返し言っていたんですが、「アグ」って何かというと「UGG」と書いて「アグ」なんですね。女性は誰しも知っていて、男性にはそこまで馴染みがないかもしれませんが、ムートンブーツのブランドです。

 いままで4,980円のノンブランドのムートンブーツを履いていた嫁さんが「UGG(アグ)が欲しい」と。「それいくらぐらいすんの?」と聞いたら、「3万円ぐらいする」と言うんですね。うわー、ムートンブーツなのに結構しますなと。もちろん、私はお金を出す気はありません。

 「自腹で買うから、とにかく買いたいのでついてきておくれ」と言われ、まず埼玉県入間市の三井アウトレットパークに行きました。往復3時間くらいかけて行ったんですが、お目当ての商品がなかったらしく、その日は帰宅。翌週、こちらも埼玉県の大宮で何店舗か見てみようということで行ったんですが、こちらはお目当てのカラーがどこにも無くて断念。じゃあ仕方ないということで、大宮から東京の池袋まで戻り、UGGの直営店に行きました。結局「最初からそこ行っとけよ」という話なんですが。

UGGの直営店はまさに黒山の人だかり

 UGGの直営店が入っているデパートの名前は出しませんが、UGGのお店は遠くからでもわかるくらい黒山の人だかりって感じ。隣の靴屋さんがホント惨めになるくらい沢山のお客さんがいました。

 お客さんが常に15人くらいいて、店員さんが3人。秋から冬になる季節(最盛期)ってのもあるでしょうし、UGGが人気なのもあるでしょうが、お客さんが購買意欲マンマンなんですよ。なんてったって、ショップの中から離れていかない。店員さんを捕まえて、お目当てのカラーとサイズを出してもらうタイミングを常に横目で伺っているのがわかるんです。つまり、ショップの中に滞留しているんです

 「バンバン売っちゃえばいいのに、なんでこんな滞留してるのかなー」と思って見てたんですが、店員さんが、お客さんの支払いの度に、現金やカードを持ってどっかにいっちゃうんですね。何かというと、フロアで支払いを一元管理しているレジまで、会計をしに行ってるわけです

UGGのショップは、その総合レジから遠くて、店員さんが会計の度に毎回30メートルくらいを往復しなきゃいけなくて、それに時間がかかってるんです。(そしておそらく、店内を走ってはいけないという規定があり、店員さんみんなMAX早歩き)

システムが販売の邪魔をしてしまっている

 百貨店に出店しているショップは、売上の何割かをロイヤルティとして百貨店に支払うことになるんですね。だから、自分のショップで会計をすることはできず、総合レジで会計をする(おそらくこのレジ担当が百貨店のスタッフ)という非効率なことになってしまうんです。これ、クラウドとか使えば簡単に解決しそうですが、きっと百貨店的には現金を分散させたくないなど理由があるんでしょう。

 しかし困っちゃうのは、お客さんです。UGGでは常に5人10人のお客さんが待っていました。百貨店のこのシステムに「あーあ、機会損失にならなきゃいいけど」と思ったのと同時に、「3万円のムートンブーツがポンポン売れていくUGG(アグ)のブランド力ってどんだけ!?」とも思ったわけです。あの感じじゃ、お客様は待ってくれるので、機会損失も少ないんだろうけどなぁ。それでいいのか。

 ホント、30分間(うちの嫁さんもそれだけ待っていた)で10足は売れていましたから、時間で20足、60万円。1日で300万円くらい売れているのかもしれない。しかも1店舗で。この時期だからだとは思うけども。「UGGは春と夏、何を売ってるんだろう?」と思いつつも、「ムートンブーツのブランド」という尖がりはすごいですねー。(100年くらい歴史があるようです)