著者:石田 麻琴

「原価率」と「利益率」を考える。前編【no.0655】

 ネットショップに限らず、ビジネスを成長させる上で「原価率」もしくは「利益率」というのはもっとも重要な数字のひとつになると思います。

ビジネスの戦略に関わる「原価率」と「利益率」

 簡単にいえば、販売する商品をつくる(仕入れる)のにどれくらいのお金がかかっているのか、商品を販売するとどれくらいの利益が残るのか、ということです。この「原価率」「利益率」が大きくビジネスの戦略に関わってきます。

 おさらいをしておくと、販売価格1万円の商品の商品原価が5,000円だった場合、原価率は50%、利益率も50%ということになります。販売価格が1万円で商品原価が8,000円であれば、原価率は80%、利益率は20%です。商品原価の違いにより、1つの商品が売れたときに、一方は5,000円儲かり、もう一方は2,000円しか儲からないのです。

 原価率が高い商品は、商品がひとつ売れても「あまり儲からない」だけではありません。「あまり儲からない」だけではなく、「在庫のリスク」も高くなります。

高い「原価率」低い「利益率」は「在庫のリスク」

 例えば、商品を5つ仕入れたとします。販売価格が同じ1万円だったときです。商品原価が5,000円であれば、5つ完売すると25,000円の利益が出ます。4つ売れて、1つ売れ残ったとしても最終的に15,000円の利益が出ます。4つ売れて利益20,000円、1つ売れ残って商品原価5,000円のロスなので、15,000円という計算ですね。

 しかし、商品原価が8,000円だとどうでしょうか。商品が5つ完売すれば10,000円の利益が出ます。しかし、商品が4つ売れて、1つ売れ残ってしまったとしたら、利益はゼロです。4つも売れたのにゼロです。4つ売れて利益が8,000円、しかし1つが残って商品原価8,000円がロスになるためです。

 商品原価5,000円ならば3つ売れて、2つが売れ残ってもまだ5,000円の利益が出ます。ところが、商品原価8,000円だとしたら、3つ売れて2つ売れ残りになると、1万円のマイナスです。これが原価率の高い商品を取り扱うことの怖さです。

 原価率が高い商品を販売して利益を上げようとするならば、数を売るしかありません。1つ売れて利益が2,000円しか稼げないならば、1,000個を売ればいいのです。1,000個売れれば、200万円の利益が出ます。しかしながら、1,000個を売るためには1,000個の商品を仕入れなければいけません。常に、「売れ残ったらどうしよう」という不安がつきまとうことになります。

 たとえ商品を1,000個つくって(もしくは仕入れて)、その1,000個が全部サックリ売り切れたとしても、次の1,000個をつくる(仕入れる)のにはリスクが伴います。だって、次の1,000個もサックリ売りきれるかはわからないわけですから。「まだまだ売れるはず」と、1,000個の仕入れを3,000個に増やすというような選択は怖くて仕方ありません。(ここが、経営者の度胸とセンス、とも言えますが‥)

 ですから、原価率は安ければ安いほど良いわけです。逆に、利益率は高ければ高いほど良いわけですね。

利益率が高ければ「=ボッタクリ」なわけではない

 こんなことをいうと、「お前はボッタクリを良しとしているのか!」と怒られてしまいそうですが、価格というものは「買い手」が決めるものです。「買い手」が納得しないのならば、その金額で買わなければいいわけです。「ボッタクリ」は「買い手」との合意が取れていないのが問題なのです。利益率が高ければ「=ボッタクリ」なわけではないですよね。

 「売り手」は、最大の利益が残る販売価格を設定します。利益率1%で1万人のお客さんに買ってもらうのも良し、利益率99%で1人だけのお客さんに買ってもらうのも良しです。これは「どんなお客さんを対象にしているか」に関わってきます。

2 コメント

  1. 「原価率」と「利益率」を考える。後編【no.0656】 | ECマーケティング人財育成 | ネットショップ事業と人材を共に育てる。

    […] 2015-07-09「原価率」と「利益率」を考える。前編【no.0655】  ネットショップに限らず、ビジネスを成長させる上で「原価率」もしくは「利益率」というのはもっとも重要 […] Read More […]

Comments are closed.