著者:石田 麻琴

「悩む」べきときに「悩め」ば良い。「不安」のコントロールを上手になろう。【no.0480】

 どうしよう。来週の週次ミーティングで、今週の数字を報告しなくてはならない。怒られるかもしれない、不安だ。どうしよう。木曜までにお客様に提案する資料をつくらなくてはいけない。きちんとした納得いただけるものをつくれるか、不安だ。どうしよう。商品原価が上がることを明後日までにクライアントに伝えなければいけない。どんな反応をされるか、今後もいままでと同じようにお付き合いいただけるか、不安だ。どうしよう。15日までに広告画像と広告テキストの入稿をしなくてはいけない。まだ何もアイデアが浮かんでいない、不安だ。

 経営者、マネージャー、社員、アルバイトなど、その職種や担当に関わらず、仕事をするということは、常に「どうしよう。大丈夫か。不安だ」という悩みの連続です。プレッシャーのかかる課題がふりかかることなしに、成長をしていった人、事業を伸ばしていった会社は、無いと思うんですね。しかし、この重圧に押しつぶされて、身動きがとれなくなってしまっては仕方がありません。「悩み」をうまくコントロールすることが大切なのではないかと思っています。

 「悩み」は、「悩む」べきときに「悩め」ばいいのです。

 かくいう私も、以前は「悩み」のコントロールが非常に下手な人間でした。特にサラリーマン時代は、この「無駄な悩み」によって、多くの時間を失ったといっても過言ではないでしょう。

 休み明けの月曜が、社内会議用のプレゼンテーション資料の提出日だったとします。提出日の1週間前の月曜日、その次の火曜日あたりはまだ余裕です。時たま、「来週の資料作らなきゃ・・」というのが頭の中を霞めますが、「まだ水木金の3日間ある」と気持ちが落ち着きます。しかし、水曜日・木曜日ともなると、どの仕事をしているときも「ヤバい、まだ考えてないよー」と重圧がかかります。そして、金曜日になると、「そうか、土日があった。土日はどこも行かずに家で資料を作ろう」と思うのですが、これが運の尽きです。

 土曜日の朝、目が覚めたときから「あー、資料つくらなきゃー」という憂鬱な気持ちになります。しかし、同時に「10時になったら始めよう」「昼飯を食べ終わったら始めよう」などと、「まだ時間はある」という悪魔の誘惑に駆られていきます。これがズルズルいくと、土曜日は憂鬱な気持ちのまま何も手を付けず、「明日、頑張ろう」になり、また同じように憂鬱な気持ちのまま、「10時になったら始めよう」「昼飯を食べ終わったら始めよう」と考え、最後は追い込まれまくって、夜の21時から手をつけはじめ、頭も働かずズタズタボロボロの資料しか出来上がらない・・。という、こんなことが何度もありました。

 結局のところ、土曜日と日曜日の21時までは、資料のことなど考えず、リラックスしていれば良かったじゃない、という話です。このような経験は私に限らず、誰しもが経験していることではないでしょうか。胸の中に常に何かつっかえたストレスを抱えながら、日々の生活を送らなくてはいけないのは非常につまらないし、人生を楽しむ上でもったいないことです。本来であれば、「悩む」べきときに「悩め」ばいいのです。いま未来を「悩む」必要は全くありません

 そこで、私が実践している解決法です。自分の頭の中にある「悩み」、やらなければいけないことを、すべて紙に書きだすのです。紙に書き出すことで、頭の中のストレスをすべて吐き出します。ストレスの管理場所を頭の中から、紙に変えるのです。ここで、ある程度スッキリします。次に、やるべきことをすべてスケジュール(手帳)に落としていきます。前述であれば、資料の作成を数時間、日曜日の夜にスケジューリングするのです。そして、場合によっては「ただ単に悩む時間」もスケジュールに落とし込むのです。

 ここで唯一守らなくてはいけないのが、「決めたことを決めた時間にきちんと実践する」ことです。これ自体も簡単ではないことなので、スケジュールは多少ゆる目に設定をしてください。やってはいけないのは、「時間があるとき」「気が向いたとき」「やりたいとき」にやるということです。これは逆に言えば、「時間がなければ」「気が向かなければ」「やりたくなければ」、「一生やらなくて良い」ということでもあります。

1コメント

Comments are closed.