著者:石田 麻琴

「型番商品」と「オリジナル商品」のメリット・デメリット、戦略の違い。2【no.0963】

 「型番商品」と「オリジナル商品」の違い。(前回はこちら

購入の選択肢に入れてもらうための「理由」を改善する

 「型番商品」の場合、お客様はネットショップとネットショップを比較します。どのネットショップで商品を買うことが一番お得かをよく見ています。商品ページの情報を充実させるのももちろんですが、お客様にとってのより比較の場になる検索結果の一覧ページを改善させた方が近道なのです。

 価格だけを気にするお客様は価格でしか選びません。現実的には、最安値を出すことができるのはたったひとつのネットショップだけです。相当仕入れに自信がなければ、2番目以降のネットショップは価格以外のところで勝負をするしかありません。自社のネットショップを購入の選択肢に入れてもらうための「理由」を改善して提案し続けていきましょう。

 ちなみにここでは「検索結果の一覧ページ」という言葉を使っています。あくまでショッピングモールでのネットショップ運営をイメージしてポイントを書いています。「型番商品」を販売するならば、自社サイトよりもショッピングモールでのネットショップ運営が圧倒的に向いています。

 自社サイトで「型番商品」を売りたい場合は、リアル(実店舗など)で「ショップのブランド」をつくるしかありません。ヨドバシドットコムやビックカメラドットコムのような感じです。簡単ではありません。やはり「型番商品」はショッピングモールを軸にして展開していくのが基本になります。

お客様に購入を検討してもらうための情報を考え、発信する

 次に「オリジナル商品」についてです。

 「オリジナル商品」のメリットは比較されないことです。「型番商品」とは真逆です。他のネットショップでは同じ商品が販売されてないわけですから、ネットショップ同士の比較にさらされることはありません。他と比較をされないということは、適正な販売価格をつけ、適正な利益を確保して売上をつくっていくことができます。必然的に「型番商品」を販売しているネットショップに比べ、利益率が高くなります。

 「オリジナル商品」のデメリットは商品が知られていないことです。「型番商品」は商品を開発・企画しているメーカー自身が商品の宣伝活動をおこなっている場合もあります。また、「型番商品」を取り扱っているネットショップが各々で宣伝活動をおこなうことで、全体として商品の認知度が上がっていきます。

 しかし、「オリジナル商品」の場合はこれらを自社だけでおこなっていかなければいけません。商品の魅力、どんな課題を解決するのか、機能性の高さ等々、お客様に購入を検討してもらうための情報を考え、発信し続けていなかければいけないわけです。

商品自体が知られていないこと、ここに戦いを挑む

 「型番商品」と「オリジナル商品」を比べれば、「オリジナル商品」が売れる方がネットショップにとって良いことばかりです。ただ、お客様から認知されるための努力を積み重ねなければいけません。これが非常に骨の折れる仕事です。

 「オリジナル商品」をネットショップで販売する場合、この「情報発信」が戦略上の大きなポイントになります。

 当然重要になるのがネットショップ、商品ページの作り方です。なぜこの商品が生まれたのか、この商品がどんな課題を解決するか、どんな人にこの商品を使ってもらいたいか、お客様に「これが私の探していた商品だ!」と思ってもらえるような訴求力の強いWEBサイトを作っていかなければいけません。

 そして情報発信です。「オリジナル商品」の場合、こちらも当然ですが、お客様が最初からオリジナル商品の「型番・品番」や「商品名」でインターネット検索してくれることはありません。やはりそれは「オリジナル商品」の存在を知らないから、なのです。

 つづきはこちら