著者:石田 麻琴

安易にインターネット広告を活用するとネットは「失敗」します。【no.1067】

 安易にインターネット広告を活用するとネットは「失敗」します。

 SEO対策、リスティング広告(PPC広告)、アフィリエイト広告、ディスプレイ広告、リターゲディング広告、動画広告、facebook広告・・一度は聞いたことがある言葉が多いと思います。ネットビジネスをおこなうにあたって、これらのインターネット広告の情報を勉強した方も多いと思います。

 ネットビジネスをスタートさせた当初からインターネット広告に頼ると、ネットは「失敗」します。長続きのしないネットになってしまいます。

*立ち上げ直後のWEBサイトは新人営業マン

 一般的にネットを始めるとき、インターネット広告を活用しないとお客様がWEBサイトにやってこないと思われています。WEBサイトの制作とインターネット広告がセットになっているイメージをもたれているところもあるようです。

 確かに、インターネット上のお客様に自社のWEBサイトの存在を知ってもらうことは簡単ではありません。インターネット広告を活用してWEBサイトへのアクセス数を伸ばす方が、手っ取り早い気もします。時間をお金で買えるわけですから、インターネット広告予算を確保する理由も通ります。

 しかし、立ち上がったばかりのWEBサイトは、いわば新人営業マンなのです。

*新人営業マンがお客様にプレゼンしたとしても

 お客様に商品やサービスの提案をしようと、新人の営業マンがオフィスで待っています。そこに、インターネット広告をかけてお客様候補を集めるのは、果たして正しいでしょうか。新人営業マンがお客様にプレゼンテーションをしたところで、成果はたかが知れています。まずは、自分たちのプレゼン力、提案書作成力を磨いてから、というのが普通でしょう。

 WEBサイトも一緒です。改善を施していないWEBサイトにインターネット広告を使ってお客様を集めたとしても、それはザルに水を流しているだけの状態になります。インターネット広告を使って、圧倒的にお客様の数を集めれば、もしかしたら成約をいただけるかもしれません。しかし、投資対効果は非常に悪いものであるはずです。

 まずはインターネット広告を活用せず、自分たちの改善でどうやってWEBサイトのパフォーマンスを上げることができるかを考える。インターネットの活用はここからスタートしてください。

*まずは広告を使わない前提からスタートする

 当然、新規のお客様を集めるのは容易ではないという話になります。そうなると、自然とどうすればいまのお客様にもっと利用してもらうことができるか、という発想に流れるはずです。これがWEBサイト改善のスタートです。新人営業マンがそのプレゼン力と提案書作成力、はたまた商品企画力を伸ばしていくような状態です。

 インターネット広告を活用せず、新規のお客様を集めてくる方法がないわけではありません。競合のWEBサイトを調査してより深い検索対策をおこなったり、ブログコンテンツを増やして情報量からお客様の検索ニーズに応えていったり、流行の動画コンテンツとソーシャルメディアを活用して拡散性を強めたり、方法はいくつかあります。

 これらは誰しもが知っている方法です。しかし、大切なのはクオリティです。深さが新規のお客様を集めるのです。そして、インターネット広告を活用することでアクセス数という成果を得ることができると、この深堀りが甘くなっていきます。なぜなら、頭を使って、汗水を流して深堀りをするよりも、お金をかけてインターネット広告をかける方が「楽」だからです。インターネット広告の活用は必要です。でもまずは、インターネット広告を使わない前提で。

 安易にインターネット広告を活用するとネットは必ず「失敗」します。

1コメント

Comments are closed.