著者:石田 麻琴

きたれ女性と若者!競馬人気をまくり差せ!競艇場「売上アップ」マーケティング。二【no.0593】

 競艇のマーケティングを考えていくにあたって、まずは「競艇」について少し学んでいきましょう。

ボートレース場は競馬場とほぼ同じ数ある

 日本には4つの公営ギャンブル(正しくは「公営競技」という)があります。知っていますか。競馬、競輪、競艇、オートレース、この4つです。競馬は馬、競輪は自転車、競艇はボート、オートレースはバイクで競技をするわけです。

 その中でも、競馬は中央競馬と地方競馬の2つに分類されます。日本中央競馬会(JRA)が采井しているのが中央競馬、都道府県や地方の公共団体が運営しているのが地方競馬です。関東近辺だと、東京(府中)競馬場や中山競馬場は中央競馬、大井競馬場(ナイターが有名)や川崎競馬場、船橋競馬場、浦和競馬場は地方競馬になります。知名度は中央競馬の方が上ですが、地方競馬場もけっこうあるんですよね。

 競馬が日本全国で25場、競輪が43場(これが最も多い)、競艇が24場、オートレースが6場(少ない・・)あり、競艇場は競馬場とほぼ同じ数あるということになります。日本の競艇発祥の地である長崎の大村競艇、大阪の住之江競艇、東京の平和島競艇、愛知の蒲群競艇あたりが有名な競艇場として挙げられるようです。ちなみに、私の行きつけである戸田競艇は日本一水面が小さい競艇場とのこと。いろいろ調べて勉強になりました。

他の競技に比べて女性の数が圧倒的に多いボートレース

 競艇選手(ボートレーサー)は、全国で約1,600名います。そのうち、女性選手は200名います。競馬の現役女性騎手が7名(2014年8月時点)。競輪の女性選手が約70名。オートレースの女子選手が6名。ということで、他の競技に比べて女性の数が圧倒的に多い。丸1日、12レースすべてが女性選手による競争、なんてシリーズも競艇にはあります。(つい先日、戸田競艇の4月の開催がレディースのみの開催だった)

 気になる売上。公営競技全体では1992年の約9兆円をピークに減少している。2007年は約5兆円。2012年は約4.3兆円だとか。2013年、2014年あたりの直近の合計データは見当たらなく、すいません。そして、競艇単体ではどうかというと、26年度の売上(ということは、2014年の売上ってことでいいのかな)が9952億8819万2100円で、なんと前年比105%アップ。しかし、それでもピーク時の頃と比べると、45%程度の売上になっているとのこと。うーん、受難。

あれだけテレビCMを流していても、やっぱり競艇場には「オヤジ」しかいない

 マクロな視点で見れば売上は下がっていて、ミクロな視点で見ると細かく上下をしているわけだ。これは、競艇のギャンブルを楽しんでいたお客さんが競馬に流れた、みたいな考え方もできるし、パチンコ・スロットにお客さんが流れていった、みたいな言い方もできる。バブルの頃に比べて国民ひとり当たりの所得が減っているから売上が減った、みたいな考え方もできるし、最近アベノミクス効果で少し景気が良くなった(と言われている)から売上が上がったんじゃないか、という言い方もできる。1992年と今を比べると、インターネット等々の出現で遊びの選択肢が増えたから競艇から人が離れていった、という考え方もあれば、インターネットの出現により自宅でも舟券が買えるようになった、という言い方もできる。

 まあ、こういう自分たちがコントロールできない部分で何かが起こる、いわゆる「外的要因」というものは、結果論から何とでも言えちゃうわけです。でも、未来にどんな「外的要因」が起こるかなんてのは、誰もわからない。だから、「外的要因」は気になるけど気にせず、「内的要因」を必死で考え、実践して、検証して、改善して、を続けなきゃいけないんですね。あれだけテレビCMを流していても、現場に行くと、やっぱり競艇場には「オヤジ」しかいないわけです。

 インターネット上を頑張って探しても良いデータが見つからなかったのが、「来場者数」のデータです。ポチポツそれらしきものはあるんだけど、定点的だったり古かったり噂だったりではっきりしません。競艇をマーケティングにするに当たって、売上よりも知りたいのが「来場者数」になります。

 つづく。

3 コメント

  1. きたれ女性と若者!競馬人気をまくり差せ!競艇マーケティング。一【no.0592】 | ECマーケティング人財育成 | ネットショップ事業と人材を共に育てる。

    […] 2015-05-08きたれ女性と若者!競馬人気をまくり差せ!競艇マーケティング。二【no.0…  きたれ女性と若者!競馬人気をまくり差せ!競艇マーケティング。(前回はこちら)  競艇のマーケティン […] Read More […]

  2. きたれ女性と若者!競馬人気をまくり差せ!競艇場「売上アップ」マーケティング。三【no.0600】 | ECマーケティング人財育成 | ネットショップ事業と人材を共に育てる。

    […]  きたれ女性と若者!競馬人気をまくり差せ!競艇マーケティング。(前回はこちら) […]

  3. きたれ女性と若者!競馬人気をまくり差せ!競艇場「売上アップ」マーケティング。まとめ一~五【no.0678】 | ECマーケティング人財育成 | ネットショップ事業と人材を共に育てる。

    […] […]

Comments are closed.